<   2011年 11月 ( 11 )   > この月の画像一覧

匍匐前進運動♪

今日も朝は冷え込みましたが、日中はポッカポカと言うより汗ばむ感じ。
外の温度計を見たら26℃!?
まるで夏ね!!(^^;)
a0096529_2023491.jpg

毎朝マーリーを起こさないように、こっそりと瞑想したりしているのですが、
たいてい途中でバレてしまい、私たちを探し始めます。
瞑想しているときは、抱っこして〜って、足の上で満足気に寝るし、
ヨガしてると足元で触ってくれ〜って誘うし(笑)
a0096529_2023174.jpg

私が動けば一緒に動いて、
一緒にストレッチ〜♪
どうやら触ってもらって遊んでいると勘違いしているみたい。
そして調子がのってくると、匍匐前進しまくりのご機嫌ダンスを披露してくれます♪
「あたちからだやわらかいのよ〜」
a0096529_20225531.jpg

楽しいと一人でぐるぐると動きまくっているのですが、
a0096529_2023468.jpg

途中で、誰も相手してくれないことにフト気がつくと、飽きて戻ってきます。
早朝からのお付き合いで、こーんな眠そうな顔です(笑)
「あたちねむたいのよ〜」
抱っことか、触ってとかって、実はマーリーがひとりになってから出始めた自己表現なんです。
サゴがいたときはサゴにくっ付いていたからかな。
誰かと一緒にいるって安心な気持ちになれるものね。
a0096529_2135688.jpg

[PR]
by teuchisobaya | 2011-11-30 21:35 | ボストンテリア

チャリティーカレンダー発売中!

今年も
アニマルプロテクション・チャリティカレンダー
の販売が始まりました。
売り上げは助け出されたわんこたちの医療費となります。

マーリーもセンターから助け出されて我が家に来る前の約一ヶ月の間、アニプロさんのお家で過ごしています。
その間に病院にて診察治療はもちろん、愛情と美味しい御飯をもらい、
始めは一歩も動けずにいたマーリーが走り寄ってくるようになるまでリハビリして下さりました。
動物の医療費は正直安くはありません。
それも何頭も同時にレスキューして病院となると大変なことです。
ボロボロで放棄されたワンコたちを、アニプロさんはピカピカにして、わたしたちに託してくれます。
『人気犬種、センターにいない日はありません。ダックスもチワワもビーグルもいましたよ。
他にもセッターや、ピレネー、マルチーズ、コーギーetc。ショップよりよりどりみどり、、』(アニプロさんのブログより。)
ペットブームの陰では、放棄はあとを絶たず、センターにはたくさんのわんこたちがいるのが現状です。
一頭でも多くの命を救うために、ご協力お願い致します。

カレンダー、大きいのと小さいサイズがありますよ。
小さいのは卓上にもなるので、ちょこっとあると便利です。
大きいのは、製作部数が少ないみたい。
可愛くって幸せなわんこたちがいっぱいのラッキーカレンダー、プレゼントなどにも素敵かも♪
a0096529_21352571.jpg


「あたち、レスキューされたときは、ベトベトボロボロフケフケカユカユだったけれど、
今はゴキブリもびっくりな艶やかな毛並みになのよ♪」
a0096529_21352615.jpg

「それにね、ブヨブヨだったのお腹周りや胸の脂肪が取れて、ウエストもキューって(^^)」
a0096529_21352819.jpg

みなさんカレンダーよろしくね♡
[PR]
by teuchisobaya | 2011-11-27 21:43 | ワン子

竹カバー

これなんでしょう?(^^)
a0096529_2229439.jpg

我が家の裏庭にある浄化槽の蓋カバー。
a0096529_22293916.jpg

大切な浄化槽ですが、蓋がプラスチック。
何かよいカバーはないものかとずっと考えていました。
以前は落ち葉や小枝を蓋の上に敷き詰めたり、大きな切り株を置いてみたりといろいろ試していましたが、
a0096529_22551753.jpg

落ち葉は冬季ここが西風ビュービューな為、アッと言う間にどこかに吹き飛んでしまい、こんなキレイな状態も数日で終わります。
a0096529_22374681.jpg

そこで、店主が、雨風に強くて、豊富にある竹を使ってのカバーを作成してくれたというわけです。
ここ数日強風が吹き荒れていますが、この大中小の竹カバーは吹っ飛ぶこともなく良い感じで裏庭にフィットしてます(^^)
a0096529_22294058.jpg

ここ南伊豆では西風が吹き始めると、いよいよ本格的に冬が来る〜って気持ちになります。
マーリーも強風の日は、自ら玄関に行ってわみるものの、扉をあけた瞬間に、
「あっ、風っ、サムッ、シマッタ!」みたいな感じで、出ようとしなかったりすることもあります(笑)
今日も、外での滞在時間を出来るだけ短く、サッサと用を済ませ、家の中に戻っていきました。
a0096529_22292961.jpg

カメラを向けると面倒くさそうに、視線をカメラから外します。
見えてるでしょ?!って時々思うほどに鋭い感覚の持ち主。
a0096529_22292954.jpg

さらにしつこくカメラ向けてたら、諦めて撮らせてくれました(^0^)
a0096529_22292671.jpg

[PR]
by teuchisobaya | 2011-11-24 23:36 | モノづくり

小麦♪

アースバックハウスのワークキャンプでご一緒した山梨のわたなべ家からの素敵な頂き物♪
自家製のライ麦粉と小麦のタネ。
a0096529_20235662.jpg

わたなべさんのブログ『地給知足がおもしろい!』より。
      「自給自足」のように、ひとりであんまり頑張り過ぎない。
       てきとー、と、いいかげん、がモットー。
       地球から給わり、地域で分かちあう、足るを知る暮らし。
       だから「地給知足な暮らし」は、「ビンボ臭い、不便な暮らし」です。
       でも、なぜか……、楽しいよ!


店主の話からもブログからもその楽しさが伝わってきます(^^)が
やっぱり、わたなべ家も必要なものは何でも自分で作っちゃうスゴスゴファミリーなんですよ〜(@0@)
自家製パンと言うだけでも世の中ではすごいね〜、なのに、パンを作る小麦も、石窯も自家製!
スゴい×三倍!
他にもきのこや黒米、からし菜も頂いて、新鮮で美味しいものばかり♪
a0096529_20234788.jpg

昨日見に行ったら、頂いた小麦もみんな元気に発芽してました。
嬉しいですね〜。
こっちがライ麦だったかな(^^)
a0096529_20234337.jpg

でっ、こっちが黒麦だったと思うんですが(^^;)
もうすこししたら、麦踏みですね。
無理せずガンバラナイでやれることを楽しみながら暮らす、
いろいろなことを実践して楽しんでおられるわたなべファミリーの生活、
いっぱい真似っこさせてもらおうと思います(^0^)
a0096529_20234367.jpg


こちらは、一昨日遊びに来た犬生をとことん楽しんでいる若者、ソラくん!
スーパーハイパー・ボストンテリア、止まると言うことを知りません!
a0096529_20233957.jpg

あまりに早くて、動きが追えないマーリーとカメラ(笑)
a0096529_20232918.jpg

「も〜このコ、どうにかして〜、チョコまかとうるちゃい〜〜〜!」(笑)
a0096529_2023233.jpg

ソラが帰った後のマーリー、ひたすら爆睡してました(^^)
a0096529_20231890.jpg


そして、昨日はマーリーの大好きなかんたろうくんとの久し振りの再会♡
a0096529_20231365.jpg

昨日は預かりワンコのパグの風太郎くんも一緒♪
ボストンテリアが鼻ペチャだと思っていたけれど、パグってもっと鼻ペチャ!
あまりの顔の「絶壁度!」とシワの深さには驚きました(笑)
でも、性格も面白いし頭も良いし、ホント良いコなんですよ〜。
風ちゃんも、飼い主さんが保健所に持ち込んだワンコくん。
ど〜してなんだろ〜、としか言い様がありません。
『保健所に持ち込む=即日殺処分』ということをもう一度考えて欲しいんですよね。
持ち込む前にと言うよりも、飼う前にですよね。
本当に『一生涯』何があっても飼いきれるのかと言うことを真剣に考えてから行動に移して欲しい、
と、お茶目で人間大好き、店主の顔をペロペロと舐めまくっている風チャンを見ながら思ったのでありました。
a0096529_20225912.jpg

[PR]
by teuchisobaya | 2011-11-22 22:02 | 田舎生活

藁草履

昨晩、荒れ狂う低気圧と共に南伊豆に戻ってると、我が家も含めてご近所一帯が停電中。
井戸水もポンプアップ出来ない為、いきなり水無し電気無し生活(@@)
災害用に用意しておいた手回し式ランタンやロウソクヘッドランプ、とっても役に立ちました。
ペットボトルに入っているお水が辛うじてあったので、少量ずつ使って顔を洗い、歯を磨き、とっとと寝ました!
毎日当たり前に過ごしてしまっている『普通の生活』の大切さを昨晩も感じました。


一昨日、脱穀したあとの藁を使っての藁草履作りに挑戦しました。
先生は私の母(^^)っとは言っても、母も60年?ぶりらしく、
「出来るかどうかわからないわよ〜」とか言っておりました。
とりあえず、「藁を柔らかく叩いておいて」、と言われていたので、木づちで叩きます。
どこをどれだけどのくらいまで叩けばいいのか、検討もつかないので、取り合えず柔らかしたようです。
a0096529_1314924.jpg

実家に叩いた藁を持っていき、まずは、手縄をなうことから始めました。
「はい、じゃあ藁を数本とって、2つに分けて、両手のひらを使って、こーやって縄をなうのよ」
って言いながらアッと今に縄をなう母。
悪戦苦闘する店主!
a0096529_13141288.jpg

子供の頃、自分の藁草履は自分で作るのが当たり前だったそうで、
自転車乗りと同じで、何十年経ってもそのやり方は忘れないんですね。
私も挑戦してみましたが、母があまりに簡単にやっているので、さぞかし楽なものかと思いきや、
手を擦り合わせて、縄をなっているつもりが、ただヨレヨレボロボロの藁になっていくだけでして、
全然縄になんかならないんですよ、これが(><)
何度も何度も教えてもらって挑戦しているうちに、なんとなく縄らしくなっててきたのが、
約30分後くらいでしょうかね(^^;)
a0096529_13221697.jpg

そして、その縄を使って、草履の形にして、藁を編み込んでいきます。
母も60年ぶりのことで忘れてしまった箇所を思い出しながら、何となく形にして、
それを店主も見よう見まねで真似して、なんとなく形が出来てきたみたい。
手縄から細かい藁がつんつんと出ているのは、藁の叩き過ぎが原因らしい。
a0096529_1314916.jpg

鼻緒のところのやり方を今一つ思い出せないらしく、今回はこんな感じで終了。
初作品、子供用真ん丸草履と細長足用の人の草履(笑)
思い出したら、また教えてくれるそうです。
でも、縄をなうことが出来るようになって、すごく嬉しい♪
これで、お正月の輪飾り自分で作れる!
藁って、お米縛る時にも使ったけれど、他にも、縄になったり、籠やむしろ、蓑、藁笠、籠、
昔ならば米俵も藁で作ったんですものね、藁で何でも作れる、やっぱりすごい!
稲作って、日本人にとって本当に大切な文化なんだな〜って改めて思いました。
a0096529_13141027.jpg

そして、マーリーさんは大きな太陽君と仲良くお留守番。
a0096529_14143167.jpg

大きいのにこーんな風にお腹も出しちゃう、甘えん坊〜♪
a0096529_14161594.jpg

だからマーリーも安心してこ〜んな顔で爆睡しちゃうんです。
こわいよ〜(笑)
a0096529_141433100.jpg

[PR]
by teuchisobaya | 2011-11-20 14:31 | モノづくり

夕日☀

南伊豆伊浜にあるしいの木山さんでおこわれている陶芸家、木村杉子氏・高橋マサノリ氏による
陶展「ちいさいおうち」展を見に行ってきました、
店内には「ちいさなおうち」がたくさん展示してありました。
様々な形の小さなおうちを見ているだけでストーリーが浮かんできて、一人勝手なる空想の世界(^^)
しいの木山さんからは、海に沈む夕日がとてもキレイに見えます。
その夕日が「ちいさなおうち」に当り始めると、また違った表情になったりして。
楽しかったです♪
11月24日(木)までやっておられるそうですよ。
a0096529_17584124.jpg

この日はの夕日は美しく燃えるような赤。
こんなに赤くて鮮やかな夕日は初めて見たかも。
夕日が沈んでからも、空は赤とオレンジに染まっていました。
a0096529_17583781.jpg


出かけたり、雨だったりと、なかなか出来なかったお米の天日干しをちょっとずつ始めています。
a0096529_17585369.jpg

大急ぎで脱穀したので、藁を取り除いたりお掃除をしてから干さないといけません。
遊びに来たお友達にも手助けしてもらって、ありがたいです。
a0096529_17584465.jpg

こっちが赤米。
食べられる日も間近かかなあ(^0^)
a0096529_17585015.jpg


今日もよく寝てます。
お気に入りの籠が出来てから、ホントよく寝ること。
寝ている写真ばかりになっちゃうよ(笑)
サゴさんが居なくなってから、変化?進化したマーリー。
気がついたら、ナント、オムツがとれてました!
あれだけ、お漏らし&オネショしてたのに、どんな心境の変化があったのか不思議。
サゴ兄ちゃんに何か教わったのかな〜。
一人になったから、急にお姉さんになったのかな〜。
a0096529_17592455.jpg

[PR]
by teuchisobaya | 2011-11-16 21:47 | 田舎生活

自然薯♪

先日、Healing Dragonさんのデトックスステイのお客様用にお食事を作らせて頂きました。
腎臓やむくみetc.に対処した穀物菜食、マクロビオティックのお料理です。
今回は消化酵素を多く含み解毒や利尿効果にすぐれた大根料理を中心に考え、
抗酸化効果で血液浄化や解毒利尿を助ける小豆、カロチンやでんぷん質が豊富で造血、利尿効果のある南瓜などをつかいました。
大根と南瓜のスープ、ふろふき大根柚子味噌かけ、自家製切干し大根サラダ&寒干大根の漬物、
南伊豆産のヒジキの煮物、蒸し野菜、蓮根&キノコバーグ、そして、小豆入り玄米御飯100g。
ワサワサしてしまって、結局お料理の写真は、スープだけ(^^;)
こうやって症状に対処するためのお料理を考える機会が頂けるのは、とても勉強になります。
a0096529_2185165.jpg


一昨日の雨の日に、今年初めての火入れをした薪ストーブくん。
a0096529_2184932.jpg

っと思いきや、昨日今日と我が家の外の温度計は28℃を表示!☀
長袖着てたらもう暑くて、半袖もしくはタンクトップでもOKでした。
寒くなったからもう大丈夫!、って干し始めた、渋柿なんですけれど、
あまり暑いとカビちゃうのよね〜。
がんばれ〜干し柿〜、暑さに負けるな〜。
a0096529_218505.jpg

秋と言えば、干し柿とともに、芋掘り!
芋掘りと言っても、山に自生している芋、自然薯芋掘りです。
店主、ご近所の方に誘って頂き、念願かなって、初自然薯掘りに挑戦!
自然薯掘りのベテランさんの指導のもと、その方の山で、見分け方、掘り方、ルールなど、教わりながら芋掘りしたそうです。
午前中だけで二本も収穫!
お師匠さんと自然の恵みに感謝です。
シャベルで掘り掘り、折らないように、傷つけないように、根気よく掘ったようです。
自然薯を掘るとかなり深くて大きな穴が出来てしまうのですが、掘った後は必ず土を戻すことが大事。
危険回避の為もありますが、面倒でも土を戻しておけば、そこに4〜5年もたつとまた、次の芋が出来るんだそうですよ。
最近は掘ったら掘りっぱなしの場所が多いらしく、そうなると自然薯もどんどん減ってしまう、
掘った埋める!これ大事って言ってました。

店主、嬉しそう〜でしょ〜?
こんな嬉しそうな店主ですが、実は、マクロビオティックを始める前まで、なんと自然薯アレルギー!
知らずに食べてしまって、呼吸困難になってしまったこともあったそうで、大変だったようです。
昔は、誰かがそばで食べているだけでも、気持ち悪くなったり、触るのも見るのも嫌そうでしたね。
そんな店主が嬉しそうに、自然薯ゲット!!!している姿に、なんだか、こちらもとても嬉しくなりました(^^)
体は食べるものでつくられている。
アレルギーもやっぱり食事で治すことが出来る!
自信を持ってそう思わせてくれる記念すべき出来事となりました。
a0096529_2184716.jpg

折れてしまったのと小さいのを使って、
a0096529_21581457.jpg

洗って、ヒゲを焼いて、皮ごと当り鉢でスリスリ、
昆布と椎茸出しでのばして、お醤油で味付けして、麦入り玄米御飯にかけて、定番とろろ御飯にしました♪!
お師匠さんも、「とれたてが香りがあって一番美味しい!」と言っていたそうですが、
本当に土と山の香りがして、とても粘りのあるとろろ、すごく美味しかったです。
a0096529_2184461.jpg

マーリーさん、今日もよく寝てますよ〜♪
a0096529_2184219.jpg

[PR]
by teuchisobaya | 2011-11-13 22:11 | 田舎生活

ホビットハウス完成♪

諏訪湖じゃなくて、精進湖です、って(^^)
毎月恒例、シャンティクティでのワークキャンプへの道中。

南伊豆地方ってこの季節、紅葉するまでは寒くならないので、紅葉無し、なんです。
冬が来ると、木々は一気に茶色になり、はい、お終い!(^^;)
だから、尚更、紅葉に憧れるんですかね(笑)
a0096529_21465149.jpg

六月から参加させて頂き、毎月ワクワク楽しみにお出かけしていた店主くんのトリップも、今回が一応最終回。
こんな感じの時からの参加で、最初はどんなん出来るか、ドキドキワクワクしてましたね。
a0096529_21465070.jpg

今回は、石畳を作ったり、
a0096529_21464781.jpg

ステンドグラス作成したり、
a0096529_21464514.jpg

って、普通に作っていますが、ステンドグラスが自分たちで作れることに驚きなんですけれど、、、
話しを聞いていると、このワークキャンプでは必要な物は何でも作ってしまうのが当たり前なので、
聞かされる度に、毎度驚きと感動でした。
a0096529_21464313.jpg

これを見ているだけで、作り手の楽しげな思いや温もりが伝わってきます。
a0096529_21464125.jpg

柔らかい光が漆喰の壁に、幻想的♪
a0096529_2146281.jpg

優しい漆喰の表情とステンドグラスの小窓、これだけで楽しそう♪
a0096529_2231148.jpg

どっしりとした骨組、天上からの光もまたいいなあ〜。
a0096529_2238377.jpg

石畳もきれいに仕上がって、
素敵な椅子♪
a0096529_21463128.jpg

このお家、今にも歩き出しそうじゃありません?(笑)
a0096529_21463760.jpg

屋根の上は畑なんですよ。
a0096529_22433623.jpg

これから、春になったらホビットハウスの周りやお空の畑が緑になって、
またまた違った表情になるんでしょうね。
年月と共に成長する家、真ん丸で見ているだけで楽しくなる家、人を笑顔にしてくれる家、ホント素敵だなあ〜。
参加した大勢の方達の「作ってて楽しい〜」って気持ちがめいっぱい詰まった家ですから、
ポジティブエネルギーの空間ですね。

私はマーリーとお留守番の日々でしたが、店主の毎月の楽しげな報告を聞いているだけで、
私も一緒にとても嬉しくなってて、それだけこのワークキャンプが素敵な時間だったのだと思いました。
ワークキャンプに集まった仲間は、メチャ個性豊かな行動派ぞろいで、情報や学びが膨大だったそうです。
そんなワークキャンプで知り合った方々が南伊豆にも遊びに来て下さり、一緒にお話をして、
自然と共に継続可能な暮らしを目指すスタンスはみんなオンナジ(^^)
お陰で私も少しだけ参加した気分を味合わせて頂きました。
いろいろなことを一緒に学ばせていただいたことに感謝(^^)
新しい出会いと繋がりに感謝。
そして、こんな素敵なプロジェクトをワークキャンプ形式で学ばせてくださり、
素敵な時間を共有させて下さったシャロムオーナーご家族にも心より感謝の気持ちでいっぱいです。

近日中に私も遊びにいきたーい♪
そして、いつの日か、この場所にも、こんな素敵な自然と調和した地球が宇宙がみんなが喜んでくれるホビットハウスが出来ることを夢見て(^^)
a0096529_214626100.jpg

[PR]
by teuchisobaya | 2011-11-11 23:34 | 田舎生活

ちょっとだけ寒くなってきました。

我が家のスノーホワイト♪
a0096529_21501270.jpg

ホームステイ中、姉と姪っ子からのプレゼント♡
今日はチョット寒くなってきて、マーリーのブルブルが始まったので厚着しました。
ラブリー?♪?
a0096529_21501487.jpg

御飯食べてお腹一杯!
a0096529_21501660.jpg

出すもの出して、
a0096529_21502031.jpg

「なに撮ってるの〜〜〜!」ってお顔ですね(笑)
 ごめんごめん(^^;)
a0096529_215020100.jpg

寒くなるちょい前に、店主が温室の方にもいくつかの寒さ対策をしていました。
二重にプチプチロールを温室全体に張り、地面には稲刈りで出た藁を大量に敷き詰め、
あとホースを使って何やら細工をしておりました。
今一つ理屈を理解していないため、私には説明できませんが(笑)
そんなこんなで、バナナも更にサイズアップ!
天上について、窮屈そうになってきています。
早朝に行っても、外気温とかなり違うので、今のところ保温効果ありって感じです(^^)
a0096529_2150238.jpg

プルメリアの花芽も上がってきているのですが、これからの寒さでどうなるのでしょうね。
咲いてくれると嬉しいんですけれどね〜(^^)
a0096529_21502490.jpg

[PR]
by teuchisobaya | 2011-11-09 22:02 | ボストンテリア

房総へ(^^)

数日間、自己観察をしに千葉に行ってきました。
目的はヴィパッサーナー瞑想3日間コースへの参加。
ヴィパッサナー瞑想法は約二千五百年前にゴータマ・ブッダ氏によって再発見されたインドのもっとも古い瞑想法の一つです。
前回は京都のダンマバーヌセンターにての参加でしたが、今回は千葉のダンマーディッチャ・センターにお世話になりました。
ダンマーディッチャの施設全体はまだ開発途上ですが、フクロウの声が聞こえたりと、自然に囲まれた静かな良いところでした。

センターに行く前に、南伊豆から千葉にお引っ越しをしたお友達に会いに『房総★スターマーケット』と言うイベントに寄り道。
イベントは房総の素材をいかしたオーガニックや無農薬、無添加、マクロビスイーツなどなど体や地球に負担のかからない小物から食べ物etc. 素敵な手づくり商品の数々、ほんといろいろありました(^^)
どこのお店で買ってもすべて、心のこもった手作り品で、「安心して食べたり使うことが出来る」、当たり前の喜びを感じ大満足!
房総、うわさ通り素敵なところだなあ〜って思いましたね。
大き〜なグリーンハウスの中には様々なハーブが育っていて、見るのも香るのも楽しかったです。
a0096529_15152910.jpg

お友達の手作り石鹸のお店『しゅるてぃ屋』さん♪
丁寧に時間をかけて作られた愛情たっぷりの石鹸たちが、楽しそうに並んでいます。
「石鹸つくるのとっても楽しいの♪」このお友達の言葉の中に全てが詰まっていると思いました。
楽しんで作られたものは、とてもとても波動の高くて使う人を幸せにしてくれるエネルギーがいっぱい。
機械やケミカルには真似出来ない、人の思いや優しさがたくさん詰まっているからね。
a0096529_15153276.jpg

私が買ったお友達お勧め石鹸はこれ。
マクロビオティックで有名な海の精と海藻のナチュラル石鹸。
使うのが楽しみです。
a0096529_15153213.jpg


そして、いよいよそこから20分くらいの場所にある瞑想センターに移動。
瞑想についてはいずれゆっくりと書こうかと思います。
今回は三日間という短い期間の沈黙の瞑想でしたが、
あまりに学びが大き過ぎて、帰ってきた今でも気づきの連続、現在消化中。
ヴィパッサナー瞑想法、世界中にセンターがあり、宗教を持たないので、どの国の人でもどんな宗教の人でも、誰にでも門戸が開かれた瞑想法です。

そして、その間、初めてのお泊まり体験をしていたマーリーさん。
私の姉ファミリー宅にホームステイ。
ボス爺様もどこか行く度に、いつもここで快適ライフしていたので、今回もお願いしました。
はてさて、大丈夫かしら、とそれなりに心配してみたのですが、心配無用だったようです。
ステイ中にはドッグカフェデビューまでしたそうで(^^)
一度も粗そうもなく、御飯もメチャクチャよく食べ、快食快便な日々だったそうで。
カフェデビュー写真!♪
a0096529_15153342.jpg

お友達も出来たみたい♪
a0096529_20564253.jpg

夜は夜で、姪っ子に添い寝してもらいながら、ひとりでブーブーイビキ全快だったようです(笑)
ずっとこーんな感じでくつろいるか、
または、台所にて「何かちょうだいちょうだい♪」だったそうで、
みんなに可愛がられお姫さま扱いしてもらってとっても嬉しそうでしたヨ(笑)
a0096529_15153826.jpg

[PR]
by teuchisobaya | 2011-11-07 16:55 | 田舎生活