<   2011年 03月 ( 28 )   > この月の画像一覧

節電状況

地震以降、始めて遠出をしました。
富士川を越えて中部電力エリアに入ると、東電エリアとは何となく違った感じ。
同じ静岡県内だけれど、富士川挟んで西と東とでは、明るさが違いました。
電力会社が違うから、節電の度合いが違うんですね。

東部は主要道路沿いの、看板やスポットライトの殆どが消されていて、どの店の内も外も節電されてました。
暗くても、もちろん営業はされております。
以前は昼間のように明るかった大通りを走りながら、
企業もお店も一人一人が節電、ガンバッテるんだな〜って、伝わってきました。
夜、営業しているのに、『看板の電気を消す!』って決断のいる行為だと思うんですよね。
暗くても、営業しているのが分かるから、お客さんは入ってます。
暗いお店ほど、頑張ってるんだな、っと応援したくなりました(^^)

需要を少なくすれば、計画停電は何とか回避できますものね。
節電すれば電気がみんなに行き渡る。
回避できれば、暗くても通常営業が出来るのは、お店としては本当に助かります。
そして少ない電気でも通常の暮らしが出来ることはありがたいです。
電気を消しながらも、頑張って営業しているたくさんのお店や人を見て、私も益々節電しよ〜って思いました!

それと、県東部のトンネル内すべてで節電してて、電気は全くついていなかったのにはちょっとビックリ!
天城峠の頂上のあのなが〜〜〜いトンネルもまっくらけっけ!
正確には伊豆長岡から南伊豆までの数々のトンネル内は、非常灯だけがついている状態でした。
でも、考えてみれば、車が点灯して走れば、全く問題ない!ので、これからもこれで良いんじゃないのかな、って。
夜は暗いもの、それが通常である人間以外の生き物、動物、昆虫、植物etc.にとってみたらとても助かると思いますし。
今までのエネルギー大量消費型社会、不必要に明る過ぎ?みたいなことを見直すにはいい機会になりそうですね。
皆さん地方の節電状況はいかがですか?
a0096529_2356462.jpg

[PR]
by teuchisobaya | 2011-03-31 23:03 | その他

花見

友人宅の枝垂れ桜。
a0096529_2324972.jpg

移植されてから、20年ほど経過している枝垂れ桜だそうです。
風にゆらゆら、静かに揺れています。
風や鳥や木々の音がします。
a0096529_23241157.jpg

お花の下でお茶をいただきました。
a0096529_23241613.jpg

桜の下でとても静かな時間が流れていきました。
a0096529_23241428.jpg

今年は花見を自粛すべき?との声も出ていますね。
自粛とは?
辞書には『自分から進んで、行いや態度を慎むこと』と書かれていました。
自分の意志でそうする、のが自粛ってことで、
そうしたくないけれど、周りからの圧力やみんながしているから、そうしないとと思うことや、
周りの人にそう強要することは自粛じゃあない、ってことですよね。
みんながしているから、となると、自粛じゃなくて、脅迫観念、強制。

ここでもやっぱり、『自分で判断すること』が一番大事だなって。
どんちゃん騒ぎだけが花見ではないと思うし、どんちゃん騒ぎをしたからといって、
それに対して良いか悪いかなんてないと思うし。
人の考えや正義への定義はそれぞれですからね。
まあ、夜桜は電気代もかかるし、桜も寝たいだろうから、寝かしてあげて、って個人的には思っています(^^)

花を愛でることが出来る幸せ、普通の暮らしが出来る幸せがとてもありがたく思えます。
桜の花を見ていると、春を感じ心穏やかになります。
桜って日本人にとって、とても大切な花ですね。

自粛の影響、こちら南伊豆地方にも及んできています。
ここは観光の街なので、地震以降、旅館、ホテル、観光業、サービス業にはとても厳しい状況が続いています。
すでに、たくさんの従業員の方々が休職や解雇という状況。
もちろんガソリン不足や計画停電もその理由の一つですが。
地震の直接的被害は無かった伊豆ですが、間接的な影響がじわりじわりと。
極端な自粛が続けば、経済は動かなくなってしまう現状を見て、
被災していない私はできる限り普通の生活をすること、
節電しながらも、祈りながらも、元気に暮らすことが、今の私に出来ることだな、と思います。

ねっ、サゴさん。
a0096529_23545713.jpg

(^^)
a0096529_23544771.jpg

[PR]
by teuchisobaya | 2011-03-29 23:06 | 田舎生活

メッセージシャツ

最初に、マーリーの大好きなお友達のかんたろうくんが、
とても素敵な東日本大震災募金用メッセージシャツを着ていたので紹介させてもらいますね♪
TORAKOTAYAのとらかぁちゃんさんの愛情たっぷり手作りのワンちゃん用のメッセージシャツ。
『このシャツの売り上げは全額募金!』なのだそうですよ。
手作りですから手間ひまかかるでしょうに、その気持ちと行動力、本当に凄いと思います。


今朝は、台所にいると鳥のキレイな鳴声がするので、外を覗くと、鳥たちが何羽も遊びに来ていました。
サゴさんの白い毛をクチバシにくわえてます!
サゴさん毛の巣が出来るんだね。
a0096529_214118100.jpg

ほかの鳥たちは何かを一所懸命ついばんでいました。
a0096529_21411517.jpg

鳥たちがいなくなったあとは、サゴさんとマーリーの番。

匂いを嗅いだり、
a0096529_2147873.jpg

何かを見つけてじーっと見つめ続けたり、
a0096529_21471062.jpg

遠くを眺めたり、
サゴさんセンサーフル稼働の模様。
a0096529_21471210.jpg

一方、食いしん坊マーリーは、すでに何か食べてます!
何?
葉っぱ?
a0096529_21501094.jpg

結構固そう、
木の皮かな?
a0096529_2150533.jpg

たぶん、よく噛んでるから、皮だな。
a0096529_2150281.jpg

木、好きなんだよね〜。
どこが美味しいのか理解できないけれど、好きなものはしょうがない。
家の中に置いてある薪ストーブの薪も食べてるし、
マーリー的にはかなり美味しいらしいヨ(笑)
a0096529_2150774.jpg

[PR]
by teuchisobaya | 2011-03-28 22:02 | ワン子

静岡県庁にあなたの意見を伝えましょう!

静岡県庁のホーンページに、皆さんの県政に対する意見、提言、要望を送りましょう!
東北地方太平洋沖地震に関する意見、浜岡原発について、東海地震について、などなど、
是非とも皆様のそれぞれの思いを伝えて下さい。
一人一人の意見が日本を変えていく力になると信じて。
静岡県民だけでなく、日本の国を愛する全ての方々にご協力をお願いします。
[PR]
by teuchisobaya | 2011-03-27 23:23 | その他

怒らないこと

春の香りがするらしい(^^)
a0096529_22415862.jpg

今年も、山桜が咲き始めました。
a0096529_1820910.jpg

菜の花も最近の雨で今頃になって、急に元気になってきました。
a0096529_18201624.jpg

昨年二人で掘り上げたミニ田んぼには、
a0096529_18201913.jpg

いつのまにやらたくさんのオタマジャクシが泳いでいました。
水や土があって、農薬を使わなければ、色々な生物と共存できるんですよね。
a0096529_18202048.jpg

最近、テレビもネットも、批判的な記事が少し目立ってきた気がします。
誰がこー言った、あー言った、政府が、東電が、、、、、、
今、そんなこと言ってても、何の役にもたたないと思うんだけれどな〜。
批判を聞かされると、一気にネガティブな気持ちになって、やる気が吸い取れれる感じがするのは私だけ?
「そうだ、そうだ〜」、なんて同意しちゃったら、
次にはその対象物に対して、頭にきたり、怒ったりが始まっちゃう。
怒ると、体にも心にも美容にも周囲にも悪影響、いいことないと思うのね〜。

スリランカ上座仏教の長老、アルボムッレ・スマナサーラ師によって書かれた『怒らないこと』と言う本があります。

一部引用しますと、
『昨今では、怒って当たり前、怒らないと不甲斐ないとでも言わんばかり。
ブッダは、これに真っ向から反対します。
怒って良い理由などない。
怒り続けると怒りそのものになる。
怒りは人間の不幸そのものである。
怒らない人にこそ智慧がある。
怒らない人は幸せを得る』

と、まあ、怒りとは何?、からはじまって、怒らない人とは、怒りの治め方などなどが、分かりやすく書かれています。
怨み、つらみ、軽蔑、競争心、嫉妬、物惜しみ、反抗、批判、過去への後悔、激怒、嫌悪、退屈、
これらもパーリ語では、みんな怒りの一種なんだそうですヨ。
怒らない人生は、楽です。
良かったら読んでみて下さい。
[PR]
by teuchisobaya | 2011-03-27 22:48 | その他

旬のもの

ワカメの季節になりました!
ワカメにも季節があるんだ、って思いますよね(^^)
私もこっちに引っ越してきてから、この季節になると、生ワカメをいただくことが多くなり、
ワカメの季節を知りました。
ミカンの季節には、ミカン、タケノコの季節になると、タケノコ。
とにかく、旬の物が人から人へ、グルグルと回ってくる田舎の暮らしがとても大好き。
そこに、『お金』という概念はなく、ただ『喜んでもらいたい』という思いだけ。

これはメカブ、肉厚でコリコリした食感、
ワカメよりもヨウ素やカリウムが多いらしく、茹でて刻んむとネバネバで美味しい〜。
a0096529_22502630.jpg

ワカメ湯通しして、冷ましています。
たくさん頂いたので、乾燥させるか、冷凍か。
a0096529_22554586.jpg

メカブと大根のネバネバサラダ♪
a0096529_22503768.jpg


海の食材はいただけたので、他の食材を探しに、ハサミと籠を持って、家の周りをうろついてみると、
物凄い勢いで増え続けているクレソン発見&収穫!
大根も、温かくなり花芽が上がってきている物から収穫。
椎茸は先日の雨でモコモコと大きくなっていたので数個収穫。
椎茸は一日遅いだけで、お化けサイズに生長してしまうので、雨の後は要チェック。

そして、本日、ついに、3年生のキャベツを収穫してみました!
ねっ、小さいけれど、ちゃんとキャベツみたいでしょ?
生で食べてみたら、去年より柔らかくて、甘くて普通のキャベツだったから驚き(笑)
何年間、何回収穫出来るんでしょう〜、ありがたキャベツさんですね〜。
今年も根っこはそのまま残しますので、またキャベツが出来てくれると嬉しいな。
今日もこれで、夕飯の食材は調達出来たので、スーパーには行かずに済みそうです(^^)
a0096529_22145465.jpg

段々畑でキャベツの収穫をしていると、上から視線を感じたので、見上げると、
サゴさんが『じーーーーーーーっ』と私を見てました。
私と言うよりも、私が収穫しているキャベツを見ていたと言うほうが正しい。
去年もここで収穫したキャベツの外葉をあげたこと、ちゃんと覚えているんでしょうね。
あとは、私の後を付いて回り、くれ〜くれ〜攻撃!
流しで洗って外葉をあげると、ふたりとも大喜び♪
a0096529_2219056.jpg

美味しそうに食べるんだよね〜、ホントに。
a0096529_2226406.jpg

誰にもとられたくなくて、必死のマーリー。
キャベツの葉でそんなに喜んでくれて、ありがとね〜(^^)
a0096529_2215050.jpg

[PR]
by teuchisobaya | 2011-03-26 23:12 | 穀物菜食

自家採種

去年の零れ種から育ったルッコラ。
私はルッコラの種の蒔き時知らないけれど、自然は全てわかってるから、丁度いい時に発芽して、育ててくれてる、ありがたいなあ。
お花も食べられるけれど、種になればまた次に繋がるので自然放置(^^)
a0096529_2146198.jpg

空豆も、たくさんの花をつけています。
こちらでは、「ごんがつまめ」と呼ばれているので、お陰様で5月に収穫って覚えました!
この空豆も自家採種したもの。
去年、食べたい気持ちを抑えて、収穫せずに熟成させ、乾燥させた空豆を蒔いたもの。
a0096529_21455857.jpg

誘惑に勝ったご褒美として、たわわに実ってくれると嬉しいなあ〜。
a0096529_21455684.jpg

こちら自家採種のニンニク。
自家採種と言っても、収穫して冷蔵庫に食糧として保存しておいたニンニク数個をバラして植えただけ。
10月に植えて6月に収穫予定。
ひょろひょろだけれど、地下では育っているハズ。
ニンニクって収穫の時、一片が一塊になって戻って来るから、めちゃくちゃ得した気分になるんですよね(笑)
毎年そんな感じで、一年分作って冷蔵庫で保管してます。
簡単だし美味しいし、安全だし。
こうやって、自家採種の種を増やして、自分の種で野菜を作っていくのが理想だな。
遺伝子操作されていない自然な種、
そう言う自然と調和が取れた物が大切になってくると思います。

農業って自然が相手だから、毎年毎年やり続けることで、少しずつ学び覚えていく。
教科書読んでも、その年出来ても次の年駄目だったり、予想外のことばかり。
でもどんな経験でも、経験したことは、必ず次への学びになるから、ありがたいです。
a0096529_21455326.jpg


今日は朝から絨毯をトイレとして使用された方がいまして、只今洗濯中。
「何でアタチの毛布がないの?寒いよ〜」
「お洗濯中です!」
a0096529_21455144.jpg

「ちょっと、寒いからってそれは近づき過ぎでしょ!」
a0096529_22284164.jpg

「鼻、ジュッしちゃうよ〜」
a0096529_21454889.jpg

[PR]
by teuchisobaya | 2011-03-24 22:23 | 田舎生活

野草

先週ノカンゾウを食べて、とても美味しかったのでリクエストすると、摘んできてくれました。
水々しい美しさ。
a0096529_21405963.jpg

陰性が強い先端部分を切って、
お塩が入った沸かし湯で茹でて、
水にさらして10分、
絞って切って、胡麻味噌和えの出来上がり♪
シャクシャクした食感と甘さ、灰汁も癖も無く、美味しいんです。
a0096529_21405514.jpg

春の野草は美味しいけれど、灰汁と陰が強いので、塩入りのお湯で湯がいたり、水にさらしたり、
醤油洗いしたり、と山菜によって処理方法が変わります。
私が、毎年頼りにしている大好きな本は、『若杉友子の野草料理教室・春』。
サブタイトルが、『野草が語る未来の生き方』。
今だから尚更、本気でそう思います。
野草のこと、暮らしの知恵、自然と暮らすということ、たくさんの生きていく知恵が詰まっています。
野草は自然が育ててくれます。
人間が種を蒔くわけでもなく、水や肥料をあげるわけでもなく、自然や宇宙が育ててくれるありがたい恵み。

土があれば生きていけた、自然と共に暮らしていた日本人。
でも都会には土がありません。
雨が降っても帰っていく場所がありません。
落ち葉が落ちても土には戻れません。
家の周りも汚れるからといって、コンクリートで固められます。
土いじりすると汚いって、嫌がられます、除菌されちゃいます。
人はどうして、こんなにも自然から遠ざかってしまったのでしょう。
自然の一部ということには変わりはないのに。

究極のところ、電気はなくても生きていけます。
でも土が無くなったら、生きていけません。
本当に人間にとって大切な物って何なんでしょうね。
a0096529_21405689.jpg

今日は、一心不乱にボーンを噛むマーリー。
a0096529_21405394.jpg

それを見つめるサゴさん。
a0096529_21405272.jpg

ちょっとマーリーが手を?歯を?話した瞬間に、略奪されました(^^;)
普段ひとのもの欲しがったりしないサゴさんなんですけれどね。
今日は欲しかったみたいです。
a0096529_21404967.jpg

a0096529_21404772.jpg

とられちゃった後のマーリー、
小さいボーンを渡したのですが、マーリーも大きなボーンが欲しいみたいで、、、
落ち込んでます。
a0096529_2140454.jpg

噛まないなら貸してあげれば、って言っても、手はしっかりとられないようにホールドしてます。
貸してあげる気、全くないみたいです(笑)
よくある、兄弟喧嘩ってやつですね。
a0096529_21404390.jpg

[PR]
by teuchisobaya | 2011-03-23 22:22 | 穀物菜食

乾物その弐

「被災者さんのホームステイ」を受け入れてくれるご家庭を募集しているそうです。
(NPO法人 アースデイマネー・アソシエーション)
一時的に被災者の方々を受け入れ、仮設住宅や次の住まいを見つけるまでの間、
アットホームな環境を提供していただくボランティア活動のようです。


では、今晩も乾物料理ですヨ(^^)
本日のメニューは「乾物餃子」。
何か、漢字で書くと堅苦しいね。
今日も日本の偉大なる「乾物」の可能性を追求します!(笑)
材料は、乾燥ヒジキ、切干し大根、乾燥おから&春雨を使ってみました。

ヒジキってどうい風に海にいる?ある?かご存知ですか?
これちょいと昔に海に行った時に撮った写真です。
収穫された後のヒジキ。
伊豆の海にはたくさんヒジキ生息していますが、伊豆地方、漁業権のある人のみ赦されています。
貝類や海藻類の採取は「密漁」と見なされちゃうんですよ〜、残念。
a0096529_20144236.jpg

乾燥ヒジキは軽く洗って、磯臭さがとれるまで胡麻油で炒めて、ヒジキが被るくらい水を入れてコトコト煮、
柔らかくなったらお醤油入れて煮きります(大森先生流です)
おからもお豆腐屋さんとかでたくさん手に入ったら、オーブン使うと簡単に乾燥おからできますよ。
切干し大根は長いので、煮てから微塵切りにしました。
胡麻油でニンニク、長ねぎ、生姜炒めて、乾物も入れて炒めて、今日もお味噌で味付け。
今はお味噌たくさん食べておいた方がいいからね。
なんか、妖しげな具材に見えるなあ(^^;)
a0096529_20144840.jpg

はい、皮に詰めて焼いたら出来上がり〜♪
味ですか?
普通の餃子を想像して食べると、何か違う、って言われそうだけれど春巻きの具、みたいな感じかな(笑)
ボリューム満天ヘルシー餃子ヨ。
a0096529_20145299.jpg

今日は一日雨。
雨が降ると、起きないサゴさん。
外に出ようともしない。
いつもなら6時くらいに起きて、散歩行くぞ〜って張りきりまくりなのに、
今日は10時くらいまで起きてこなかったネ(笑)
ホントわかりやすいです。
a0096529_20145377.jpg

a0096529_20145581.jpg

[PR]
by teuchisobaya | 2011-03-22 21:14 | 穀物菜食

乾物

買い物に行くとガソリン使っちゃうから、出来るだけ家にある物で生活している毎日。
食品ストッカーをのぞくと、そこには多種多様の乾物たち。

スーパーでは保存料たっぷりのレトルト食品が棚から消えていますが、乾物こそ日本人のナチュラル保存食。
日本人の知恵の結晶(^^)
昆布やヒジキ、海苔、天草などの海藻類、切干し大根やカンピョウなど野菜の乾物。
小豆や大豆等のお豆類、椎茸やきのこ類の乾物、小麦やグルテンのお麩、お餅だって乾燥させれば保存食!
日本の食文化ってなんてワンダフルなんだと、食品ストッカーを見ながら感動〜!
冷蔵庫もスーパーもなかった時代から受け継がれてきた、生きていくための大切な知恵がそこにはいっぱいあります。

今晩のメインディッシュはカンピョウ&車麩&去年の自家製切干し大根。
切干し大根やカンピョウは漂白してあるのが主流。
これも、日本人の「白くてキレイにみえるのが良い」って言う潔癖症的な声がそうさせてしまったのかな。
うちのは勿論無漂白、も〜〜しっかり茶色(笑)
一年もたてば、そうなりますよ、自然ですから。
でも味は、そのまま食べても甘くて美味しい、サゴもマーリーも大好物。
a0096529_21501711.jpg

これらの乾物を使って今日はハヤシライスにしてみました。
切干し大根からは自然の甘味がでるし、食感もイイ。
カンピョウは戻してお醤油で下味&片栗粉してさっと揚げると、カリッと薄いお肉っぽい感じ?!
車麩も戻して粉して、カリカリになるまで焼きます。
乾物は戻したりする、「一手間」はありますが、保存料も冷蔵庫も無しで美味しく食べれるんですから、天才です(^^)
あとは、冷蔵庫にある野菜と相談して、ホールトマトと赤ワインベースに、味付けは塩、醤油、豆味噌。
車麩が一見、豚バラに見えません?
食感もトロンと豚バラッぽいですよ(笑)
a0096529_21502279.jpg

コトコト煮込めば、「乾物ハヤシライス」の出来上がり〜♪
お肉が無くても、どっしりしっかり、大満足です。
こんな時だからこそ、日本のスーパー保存食「乾物」を見直すチャンスかも。
おうちのストッカーにある乾物たちに、是非とも主役の座を〜(^^)
a0096529_21501962.jpg

今日は、雨で湿度が高かったから、比較的暖かでした。
サゴもマーリーも薪ストーブの前から逃げてます。
熱いらしい。
a0096529_21505193.jpg

マーリーは今日もフードを被って寝てました。
別に私がかぶせたわけではありませんヨ。
でも、マーリーは目が見えないから、帽子で耳が覆われていると方向感覚が鈍くなるらしく、ぶつかっちゃいます。
でも、こんな感じで寝てると悪ガキっぽくてて可愛いと思う親バかでした(^0^)
a0096529_21504612.jpg

[PR]
by teuchisobaya | 2011-03-21 22:30 | 穀物菜食