<   2010年 09月 ( 17 )   > この月の画像一覧

創作活動

「たくさん資料を乗せて動かせる作業台を作って欲しい」と頼まれていた机を、先日納品して来ました。
天板は桧。
もちろん動かせるように滑車付。
部屋中に桧の良い香りが漂う作業台となりました(^^)
自宅の仕事机と同じ高さで、たくさんの資料を広げたまま動かせるような作業台が希望。
1つで40キロまでオッケーの滑車なので、合計160キロまで資料を乗せてもだいじょうぶ〜!
160キロってどんだけ?(笑)
この作業台が多忙なその方のお役に立てるのですから嬉しいですね〜。
a0096529_19582215.jpg

a0096529_19581960.jpg

はじめは、ちょっとした大工仕事も好まなかった店主くん。
今ではトントントンって作れるようになるんですから、人の潜在能力って無限ですね。
これは先日染めた、藍染めのTシャツ&手ぬぐいのトータルコーディネイト!
流行る?(笑)
a0096529_19582514.jpg

私の創作活動は、もっぱら料理と畑かな。
何かを作っている時って、出来上がりをイメージして、想像して、楽しいんですよね〜。
畑を耕して、種を蒔いて、収穫時期を想像してみたり。
収穫したあとは、どうやって料理するのか、またまた想像したり。

家の冷蔵庫にあった陰性果物の代表格の梨とイチジクのパイ?!
美味しい梨を頂いた矢先に、「生の梨は陰性過ぎるわよ」って料理教室で話題にでちゃったので、
しっかりどっしり加熱しまくりの料理にしてみました(笑)
a0096529_2019154.jpg

果物大好きマーリー。
こうやって寝ていても、梨や林檎の皮をむくと、まるで、見えているかのごとく、飛び起きて台所に来ます。
それも剥いた瞬間に、タッタッタって走ってですよ。
最近、見えてるんじゃないか、って思うことが多すぎ。
こちらも、すごい勢いで嗅覚と聴覚の潜在能力をフル活動させて発達させているんだと思います。
a0096529_20463620.jpg

[PR]
by teuchisobaya | 2010-09-30 20:53 | モノづくり

お友達(^^)

ププレのお友達がお花を持って遊びに来てくれました。
花より団子?だったププレですが、お花も似合うね。
キレイなお花をありがと〜♪
a0096529_20101771.jpg

遊びに来てくれたのは、げんくんとかんちゃん。
げんくんも5歳の時に、今の新しい家族に迎えられて、第二の犬生をスタートさせたワンちゃんです。
お友達が来てくれたので、最近おとなしかったサゴもマーリーもメッチャ大喜び!
サゴはげんくんもかんちゃんも追っかけ回して、しつこいのなんのって(><)
マーリーも、アソボーって、珍しくワンワン吠えてました。

マーリーとサゴのダブルチェックを受けるげんくん。
a0096529_20233121.jpg

かんちゃんも加わって、トリプルチェッ〜ク!
a0096529_20233525.jpg

お〜い、サゴさんそれは違うでしょ!
げんくんは男の子なんだから・・・
げんくん、ごめん、サゴの無礼を許しておくれ〜(^^;)
a0096529_20233824.jpg

げんくんママの膝の上で、ニヤケ顔のかんちゃん、いつみても可愛いね。
a0096529_20233649.jpg

すっごく賑やかで、家の中の空気もとっても明るくなりました。
ププレは人もワンコも大好きなワンコだったから、絶対に一緒に楽しんでいたことでしょう〜。
みんな〜遠いところをありがとう(^^)
元気をい〜っぱいもらったよ〜。
[PR]
by teuchisobaya | 2010-09-28 20:43 | ワン子

上下関係

朝からマーリーが大きな骨をガジガジしていると、
a0096529_20453234.jpg

そこへ、サゴさん登場!
それでもって、マーリーがガジガジしている骨を横取り。
「あたちの骨返してよ〜」って匂いを追ってサゴさんの後を追いかけるマーリー。
いつもの様に、サゴに顔を近づけると、サゴさんが「ガウッ!」って!
怒ったあ〜〜〜〜!!!!!!!
たぶん初めてじゃないのかなあ、マーリーに対してのガウッは。
マーリービックリ、私もビックリ(@@)
a0096529_20453712.jpg

意思表示が出来て大満足?っぽいサゴさん。
a0096529_20454140.jpg

ち〜っとだけ貫録が出てきたかな〜?
こうやって、徐々にマーリーとの上下関係がはっきりとしてくるんでしょうね〜。
マーリーもガンバレ〜!
a0096529_20454243.jpg

午後になると一気に涼しくなって、足が冷えるので、乾燥させてあったセイタカアワダチソウを入れて足湯をしました。
足湯していると、匂いフェチのマーリーが私の回りを行ったり来たり。
ずっとウロウロしていたので、入れちゃいました。
サゴもウロウロ、チェックには来たものの、流石にサゴさんは入れなかったね(笑)
マーリーもかなり長い時間浸かっていましたが、目も閉じて、気持ち良さそ〜でした。
セイタカアワダチソウはアトピーや皮膚疾患、デトックス効果などがあるので、マーリーにはピッタリだったのかもね。
これからがちょうど収穫の季節。
荒れ地でも、線路沿いでも、どこでも自生していますから、蕾の状態で収穫して乾燥させておけば、入浴剤として重宝しますよ〜。
ちなみに花粉症の原因とされるブタクサとセイタカアワダチソウは別物です。
a0096529_21143096.jpg

[PR]
by teuchisobaya | 2010-09-26 21:42 | ワン子

寝床

ププレのために、庭もバリアフリーにと思って、ホームセンターに芝生を注文していました。
芝よりも先にププレは旅立っちゃったけれど、ププレの為にも、サゴとマーリーのためにも芝生敷き詰めよ〜
ってことで、店主が私が留守の間にがんばってくれました。
枕木をどかして、採石と粘土質の固〜い土を掘って、どかして。
a0096529_20592846.jpg

人間もワンコも芝でゴロゴロ好きだから、この芝が根を張って、早く緑のジュータンになるといいな。
a0096529_2059311.jpg

姉さんがいなくなって、サゴさん、ホントに変わった。
寂しんぼの甘えん坊。
サゴって、夜は、必ず姉さんと一緒に、リビングのソファーかラグの上で寝ていました。
でも、ププレを荼毘に付した夜から、サゴも私達の部屋に来るようになったんです。
はじめは、寒いから?、って思っていたのですが、どやら違うみたい。
昨晩も、一昨晩の、そして今日も、さっさとベッドに登って寝ています。
それも、マーリーより先に。
サゴは姉さんが大好きだったから、姉さんのそばで寝るのが好きだったんだね〜、きっと。
リビングに一人で寝るのは寂し過ぎるもん。
みんなと一緒がいいね。
a0096529_21181984.jpg

[PR]
by teuchisobaya | 2010-09-25 21:45 | ワン子

変化

ここ数日間で、サゴとマーリーに微妙な変化が。
まあ群れのリーダーが居なくなってしまったのですから、変化があるのは当たり前なのかな。
まずサゴがちょぴり大人しくなり、より警戒心が強くなったみたい。
今までは、プー姉さんの後についていけば、間違いなかったからね。
その指針となる姉さんが居なくなっちゃったから、サゴさんが新たなるリーダーとして、現在、修業中?かな。

マーリーは、より一層元気になってます。
今まではある意味、ププレ姉さんに遠慮して、静かにしていたのかも。
とにかく、かなり積極的になってます。
そして、『アソボーアソボー!』って。
今まではサゴをそんなに誘わなかったのに、ここのところ毎日誘っています。
サゴも、サゴで、今までは、マーリーに誘われても相手にしなかったのに、ここ数日は、一緒に遊んでます。
でも、マーリーさん、自分でサゴを誘っておいて、サゴのテンションが高くなり過ぎて、こんな感じに。
お耳直立!
フリーズしちゃいました(^^;)
a0096529_20344412.jpg

逃げるマーリー、追いつめるサゴ。
いつもと、立場逆転。
今まで、2匹でそんなに遊ばなかったのにね。
a0096529_20364427.jpg

サゴも、
a0096529_21343531.jpg

マーリーも、、いっぱい遊んで、いっぱい寝てます(^^)
a0096529_21343165.jpg

[PR]
by teuchisobaya | 2010-09-23 21:44 | ワン子

チビププレ

あれから、少しだけ時が経過したので、かなり気持ちも落ち着いてきました。
とは言っても、毎日の生活の中に、ププレとの思い出がわんさかあるわけで、思い出すなって言う方が無理ね。
だから、思い出しては「あ〜だったね、こ〜だったね〜」って思い出にどっぷりと漬かるのもいいかなって。
そんな日々なか、サゴもマーリーもそばにいてくれて元気づけてくれるので、ありがたいです。

思い出話すればするほどに、ププレってやっぱり素敵なワンコでした。
旦那様の実家にあったププレの写真。
生まれたて、ひとりだけ茶色で、コロコロ。
真ん中のひとりだけ仰向けのワンコです。
a0096529_2033314.jpg

イタズラ大好き、ごみ箱大好き、何でも破壊したね〜。
a0096529_20324583.jpg

ププレママ、シャンルと若き日のププレ。
やっぱ、ププレ強そうだ〜。
a0096529_20343543.jpg

お見送り、お出迎え、こうやって、親子でよく下を覗いてたっけ。
a0096529_20345124.jpg

雪が似合うね〜。
a0096529_20435469.jpg

山への散歩、こうやって、いつも遠くからの匂いをチェックしてたなあ。
a0096529_2044997.jpg

ププレ、今より一回り大きかったね。
サゴ、小さ〜。
a0096529_20443068.jpg

お父さんが大好きだったププレ、いつも、触って触って!ってお願いしてたなあ。
自由奔放に生き抜いた素敵なワンコ、ププレと出会えて本当に幸せだったな、私達。
a0096529_20443382.jpg


今回、他にも励ましやププレにたくさんのメールをもらいました。


ぷぷれ今までありがとう
楽しかったょ
夏に会えてよかった
ププもボスに似て天才でまるで人間みたいだったね

ププとの思い出が溢れてきます。
たくさーんの愛情を貰ってプーさんは幸福だよ。
今頃はきっとぼーちゃんと走り回っているね。
そして、二人を見守ってくれてる。
私もプーさんが大好きだ!!

信じられないけど、事実は受け入れるしかないんだよね
彼女がサゴさんに俺が吠えられていた時助けてくれたり、何気に近くに来てくれて、
顔を舐めてくれたり、初めて心を許せた大型犬でした…
とても悲しいけど彼女との思い出を胸にお祈りしてます。

今年は少し寂しくなるなあ。
でも、彼女にも、たくさん、たくさん感謝です。
お迎えのベロベロが恋しいです。
プーさんもボスも、逝く前の月に会えて良かった。

ププレ ずっーと一緒におんなじ目と心で過ごしてきて幸せだったと思います
その幸せな気持ちは今度は先輩とねぇさんの心に加わって これからも一緒だね

びっくりした…
なんか信じられない。
ごめん、うまい言葉が見つからない。
きっと穏やかな最期だったんだよね。
天国でボスと再会したかな。
ププレ、大好きだったよ。
ありがとうと伝えてください。

ぷーさんは苦しまずに天国へいきましたか?
私はぷーさんに出会うまで犬が大嫌いで正直最初の頃はぷーさんが恐くて恐くてびくびくしてましたが、
いつのまにか仲良くなれて今では犬好きになれました!
ぷーさんの優しさと凛々しさのある顔が大好きだし、素敵な女性ですよね。
私が元気になったらまた会いに行こうと思ってましたが残念です。
でもきっと入田の海に行ったり南伊豆のおうちに行ったらいつでもぷーさんがいて、
いつでもみんなを見守ってくれてるような気がします。
だから元気になってまたぷーさんに会いに行きますね。
今は遠くからですがぷーさんがゆっくり休めるよう祈ってます。
ぷーさんいっぱいいっぱいありがとう。

仕事しながらだけど、たくさん、有り難う をププレに言ったよ。
旦那が心の病いの時、そっと、側に行ってくれた事、
ドクが逝ってしまって、ププレを、ギュ〜 と 抱き締めても、我慢してくれた事
どうか どうか、すべての痛み、苦しみから解放されて、安らかに、そちらで暮らして
私達は、もうしばらく、こっちに居るけどそちらへ行った時は、お出迎えを、頼みたいもんだ!
メールの文章じゃあ、語り尽くせないや



まだまだ、たくさん、優しい思いのメールを頂いています。
みなさん、ありがとう。
寂しい時、辛い時、哀しい時、
人って、人に支えてもらって、励まされて、優しさをもらって、ゆっく〜りと回復していくんですね、きっと。
[PR]
by teuchisobaya | 2010-09-22 21:25 | ワン子

ありがとう。

ププレへのお便りと、私達への励ましのお便り、コメントたくさんいただきありがとうございます。
先ほど、静岡市にある斎場から、ププレと一緒に家に戻ってきました。
ププレのお母さんもボス爺ちゃんも、さくらちゃんもお友達のイリオちゃんもお世話になった場所。
片道三時間の道のりは、私達の心を整理するには大切な時間でした。
ホントに、あっという間の出来事で、どこかでまだ信じられない思いもあります。
昨日まで日向ぼっこしていたのにね。

昨晩は、ただただ苦しく哀しく、眠れずにいたので、文章を書きました。
書くことで、自分の気持ちの整理と、忘れてしまわないうちにププレのことを活字にしたかったから。

突然ププレがいなくなってしまって、頭では分かってはいたものの、こんなにも辛いのかと、自分たち自身も驚いています。
人は自分自身でコントロール出来ないほどに、哀しくなると、呼吸の仕方を忘れてしまうようです。
哀しみは、体の細胞の隅々にまで、入り込んでしまい、まだ出るのかと驚くほどに、涙が溢れてきます。
冷たくなってしまった、ププレを撫でて、匂いを嗅いで、抱きしめて、やっぱり可愛くて可愛くてどうしようもない気持ちでいっぱいになります。
私達は、つい先日、結婚13年を迎えました。
ププレは私達が結婚してすぐに、一緒に暮し始めたワンコです。
ププレは旦那の実家で長野オリンピックの閉幕式中に生まれました。
生まれる瞬間から息を引き取る瞬間までの全てを見守ることが出来ました。

ププレは三日前から、急に調子が悪くなりました。
三日前から、通常の食事を欲しがらなくなり、段差が辛くなりました。
それでも蒸したカボチャや胡瓜、お豆腐なんかは食べてくれていたので、夏バテか夏の疲れかな、って思っていました。
でも、あっという間に、起き上がれなくなり、介助が必要となりました。
それでも、絶対によくなるって、信じていました。
起きたくても起き上がれなくなると、とっても小さな可愛らしい声で泣いて教えてくれました。
最後の最後まで、家の中で粗相することもなく、介助は必要なものの、いつも教えてくれました。
時には、日向ぼっこもして、帰りたくなると、また小さな可愛らしい声で泣いて教えてくれました。
段差が上がれなくなってしまったので、薪ストーブの前にお布団を敷いて過ごしました。
私も、そこで二晩一緒に過ごしました。
その頃には、固形物はいやがるようになっていました。

昨日はお仕事でしたので、ププレ父さんの手打ち蕎麦がある日でした。
ププレはお父さんの手打ち蕎麦が大好きで、それも茹で立てでのびていないお蕎麦でないと食べないほどの蕎麦好きでした。
そんなお蕎麦を、鼻の前に持っていくと、ちょっとだけ顔を上げて、鼻を動かして反応してくれました。
そして、なんとか、ほんの一本だけ、口にしてくれました。
その時のププレの顔がとっても嬉しそうで、思わず涙が込み上げてきました。
そのあとも、お外に行ったり、日向ぼっこしたり。

偶然にも、ププレを子供のころから知っている、古いお友達も遊びに来てくれて、一緒に時を過ごしました。
ププレはいつもお仕事の日とそうでない日をしっかりと把握してくれているワンコでした。
この日も、もうお仕事が終わって、ずっと一緒にいられるって、わかっていたのでしょうね。
呼吸が荒くなって、みんなで覗き込んで心配していると、一生懸命に息をして生きようとしてくれていました。
大波が来るように、呼吸の乱れがあり、その度にププレの体を擦りながら、ありがとうと言い続けました。
でも、苦しそうなププレを見て、私も旦那も、「もう、いいよ、ありがとう、大丈夫だから、楽になっていいんだよ」ってどちらとともなく言いました。
それでも、やっぱりずっと生きていて欲しい、ププレを失いたくないと強く望む私達がいて、それを分かってたププレはガンバってくれてました。
でも、ほんの一瞬、ププレを囲んだまま、友だちと雑談をして、笑って、ププレから少しだけ意識が離れた時に、スーっと逝ってしまいました。
ホントに、ほんの一瞬の出来事でした。
「あ〜、ププレらしい最後だったね〜、みんなの笑い声を聞いて安心して逝ったんだね。」ってみんで、大泣きしながら、でも笑って、また大泣きしました。
ププレを手放せなかったのは私達の方でした。
スーって逝ってしまったあとは、とっても穏やかな、天使のような顔になってました。
ププレの顔、笑っています。
私達夫婦にたくさんのことを教えてくれて、成長させてくれた大切な家族。

人見知りも犬見知りもすることなく、誰にでも優しかったププレ。
犬嫌いの人からも、ププレなら大丈夫って言ってもらえた不思議なワンコ。
美人で、カッコ良くて、自分からは決して喧嘩を売らないけれど、売られた喧嘩は買う、姉さん。
ボス爺ちゃんを守ったり、サゴさんを守ったり、いつもいつも頼られて。
最後の最後まで、介護らしい介護もさせてもらえず、面倒もかけずに逝ってしまいました。
大好きだったボス爺ちゃんが先に逝ってしまってから、急に老化が進んでしまった気がします。
でも、今頃、大好きだったボス爺ちゃんと一緒に、また追いかけっこしたり、お相撲とったりしてるんでしょうね。
もうすこし、あなたが居なくなってしまったことに慣れるのには、時間がかかりそうです。
でも大丈夫、大事な大事な思い出が心の中にたくさんあるから。
いつまでも、いつまでも、忘れないよ、ずっと一緒だから。
ププレと一緒に暮すことが出来て、私達こそ本当に幸せでした、ププレ本当にありがとう。


昨日の午後の写真。
昨日まではこうやって日向ぼっこしてたのに、今はもういないなんてやっぱり嘘みたいだよ。
a0096529_23265623.jpg

スーって逝ってしまって、笑ってるみたいだった、ホントに天使みたいな顔なの。
a0096529_2328027.jpg


今日は、出発前に、大好きで走り回ったり、泳いだりしていた、大浜、入田、多々戸、思い出の浜にも一緒に行きました。
ププレはハワイアンの名前。
ハワイアンフラワーが似合うよね。
a0096529_2327166.jpg


ププレが逝ってしまった後のお空だそうです。
ププレは自由に走り回っているんでしょうね。
a0096529_23281514.jpg

[PR]
by teuchisobaya | 2010-09-21 00:08 | ワン子

PUPULE

我が家のプー姉さんこと、ププレが本日午後に天国に旅立ちました。
皆様に愛されて、自由奔放に生きてきた姉さん。
12歳と7ヶ月。
ププレと言うワンコに出会えて、一緒に時を過ごし、
最後の最後まで、一緒にいられたこと感謝です。
ププレありがとう。
[PR]
by teuchisobaya | 2010-09-19 20:48 | ワン子

ヒッチ(^^)

今日も元気に東京に行ってきました〜!
帰り、用賀の交差点を曲がったところで、とっても元気なオーラを放っていたヒッチくんを乗せることに。
止まってくれる車が全然なくて、ずっ〜と待ってたんですって。
インドと中国へ旅した帰りの大学生くんで、これから九州まで帰る途中。
この間乗せたドイツのコが言っていたけれど、今アジアには、日本の若い子がたくさんバックパッカーとして旅してるって。
今日乗せた学生さんも、日本人の若い子達がたくさん旅してますって言ってたな。
全てがそろった日本の社会から、わざわざ不便なところに、カバン一つで旅をする若いこたちが増えているのも、
今の物質文明では見つけられない『何か』を探しに言っているんだろうね。
まあ。私達も、全てがそろった都会から、わざわざ田舎に越して、開墾したり野菜作ったり、
家作ったりしているのも、同じ自分探しかな。
ちなみに、今日乗せた学生さん、旅行に出る前までは、いつも友だちと朝までゲームとかしていて過ごしていたんですって。
どう過ごしても、自分の人生。
でも旅を通していろいろな人と出会って、挑戦して、経験して。
やってみれば、何とかなるって思うようになったみたいですよ。
だから、ヒッチで帰ろうって思って初挑戦したみたい。
何かを探して、直感に従い、思いのままに進んでいくことを、いくつになっても大切にしていきたい、って思いました(^^)

今日の店主くんの自由作品、藍染めと茜染め。
籠に入れて染めたりしたそうですよ。
茜色もキレイですね〜。
a0096529_21343999.jpg

こちらは、本日のプーさんです。
お留守番ご苦労さま。
今日は、ちょっとだけ日光浴もしたそうですよ。
ガンバってますよ〜!
a0096529_21344391.jpg

サゴさんは、急に涼しくなったせいか、珍しくベッドで寝てました。
今朝の6時で、外は18度でしたから、ちょっと肌寒くなってますね。
そろそろ、サゴさんのベッドを出して冬支度をしてあげないとね〜。
a0096529_21344964.jpg

a0096529_21344659.jpg

[PR]
by teuchisobaya | 2010-09-17 22:29 | 田舎生活

バナナ?

バナナの木だよと貰って育てていたが、バナナじゃなかった芭蕉の木。
引っ越しの際に、植え直したけれど、スクスクと成長して、株も増え始めました。
雰囲気は南国ですね〜。
これで、バナナがなってくれたら、、、
a0096529_20195290.jpg

バナナ好きとしては、どうしても本物のバナナの木が欲しくてついにネットで買ってしまいました(^0^)
届いてびっくり、とっても小さい苗でした〜(笑)
a0096529_20195715.jpg

こちらもバナナの木。
これは店主がバナナの木を持っている方から、譲ってもらったもの。
見ず知らずの方なのですが、バナナの話題を出したら、「持ってくか〜?」って、掘って持たせてくれたそうです。
ありがたい話(^^)
その方曰く、「バナナは草だから、肥料なんかやらないで、たくさん話かけると大きくなるぞ〜」なんだそうですよ。
これからたくさん話かけて、来年の夏には、夢のバナナが出来るかな〜♪
a0096529_2020176.jpg

ついでに、こちらのカボチャも頂き物。
店主が朝サゴさんと散歩していると、「虫食いだけれど食べる?」って持たせてくれたんだそうです。
栗は拾いものね。
こうやって、お金は関係なくても、もらったりあげたり、って心がポカポカして嬉しくなる瞬間。
バナナの持ち主の方にしても、カボチャの方にしても、ホント素敵な方々。
幸せのお裾分けですね。
もちろんバナナの木は大切に育てて、カボチャは美味しく頂きます。
感謝感謝です(^^)
a0096529_2020529.jpg

急に涼しくなりました。
ここ数日、プーさん、かなりお疲れモード。
季節の変わり目ですから、体が重たいようです。
ゆっくり、ゆっくり、季節に体調を合わせていってもらいたいです。
a0096529_20492538.jpg

[PR]
by teuchisobaya | 2010-09-16 21:03 | 田舎生活