<   2009年 12月 ( 18 )   > この月の画像一覧

お世話になりました(^^)

今年ももうすぐ終わりますね。
家造り、引っ越し、お店造り、お店オープン、今年もいろいろありました。
あっ、最後の最後にMarleyも新メンバーに加わりましたね。
振り返ると、たくさんの方々に支えられたとても素敵な一年でした。
皆様ありがとうございました。

また来年も田舎暮らし報告しますね。
勿論、ワンコ達の生活ぶりもです。

来年はどんな出来事があるのでしょうか、楽しみですね。
皆様、今年一年、お付き合いいただきありがとうございました。
来年もまた、お付き合い宜しくお願いいたします。

a0096529_21555581.jpg

[PR]
by teuchisobaya | 2009-12-31 21:57 | ワン子

二日目(^^)

Marley二日目。
昨晩は、一回目からペットシートの上でしっかりと用を足してくれました。
天才?と喜んで、寝たのですが、朝起きてみるとカーペットの上に地図が。。。。。
あれー、ペットシートわかったんじゃなかったのー???まあ、そんなもんです(笑)

そして、今日はじっくりMarleyの観察をしてみました。
目が見えない分、音や匂いへの反応は、凄いです。
これはボスと同じ。
それと、これはサゴハチにも共通したことなのですが、『抱っこ』がとっても苦手。
人との接触やスキンシップがないままに、大きくなってしまった二匹は抱っこをすると、異常に緊張して、カチカチになり、つっぱってしまいます。
まあ、これもしつこく抱っこしていれば、いずれ慣れてくれます。

Marleyは拾われた時、一度も洗ってもらったことが無い、と言う具合に汚れていたそうです。
そして耳は綿棒が入らないほどに汚く、目やにだらけ。
aniproさんの手厚い介護とリハビリのお陰で、今では、ツヤツヤとても綺麗です。
犬をただ保護するだけでなく、新しい飼い主さんが見つかりやすいように、病院に行ったり、綺麗にしたり、食事を作ったり、それってモノスゴーイ時間やお金や気力が必要なことで、とてつもない労力です。
そんなaniproやボランティアの方々お陰で、こんな可愛いMarleyが我が家に来てくれることができたのです。

aniproさんがいなかったら、今ごろもうこの世に存在しなかった命がたくさんあります。
Marleyの命もその一つ。命を助けてくれて本当にありがとう。
心から感謝します。
そして、Marleyが我が家に来たことで、また別の命も一つ救われています。

みなさんも里親になりませんか?
Marleyのびっくりするほと大きなイビキを聞きながら、小さな命の幸せを考えています。
a0096529_20381380.jpg
a0096529_20383343.jpg
a0096529_20384912.jpg

[PR]
by teuchisobaya | 2009-12-29 21:20 | ボストンテリア

ニューメンバー(^^)

縁あって、我が家にもう一匹仲間が増えました。
盲目のボストンテリアです。
名前はMarley(マーリー)です。

以下は保護して下さっていた、『Animal Protection』さんからの抜粋です。
a0096529_2251633.jpg

a0096529_22523386.jpg

動物愛護センターから保護しました。両目が失明しています。
獣医師の診断では目を傷つけすぐに手当をすれば治ったのに放置をされた為失明したのであろうと言うことでした。
お乳も垂れ下がり、皮膚はベタベタ。そして一歩も歩きません。
繁殖犬として使われていて、町なかに捨てられ保健所に収容されました。
繁殖犬としての暮らしが長かった為、狭いゲージに入れられっぱなしで歩く経験がない様でした。保護当初はフリーにしていても一切歩かず、部屋の真ん中でじっとしているだけでした。これが3週間ほど続きました。
ようやく最近は慣れて、ちょこまかと好きなところに行くことを覚えました。
部屋では他の犬達と何も変わりません。
トイレもシートできちんとできます。他犬も猫も人も皆大好き、呼ぶと駆け寄ってきて全身で甘えることもできるようになってきました。
他の犬や猫に、攻撃されたりしても、一切声を上げることなく、逃げるだけです。

攻撃することも知らないのでしょう。許されなかったのかもしれません。
声も一度も聞いたことがありません。吠えることも知らないのかもしれないです。
お散歩はまだリードに慣れていなくて歩けませんが、室内では元気に飛び跳ねているので、飼い主さんができたら、きっとすぐにお散歩が楽しいことも認識するでしょう。
今はひなたぼっこからのトレーニング中です。

こうやって、アニプロさんの手厚い看護とリハビリのお陰で、現在マーリーは元気です。
興味があるところをクンクンチェックして、現在は薪ストーブの前でぐーぐー高いびきで寝ています。
皮膚はところどころ、禿げていたり、地面に足が着くと、固まって動けなくなってしまったりと、
まだまだリハビリは必要ですが、そのくらい全然問題にならないくらい元気です。

他にも、足を針金で繋いで飼われて足が壊死し切断したワンコ、皮膚病を放置され象の皮膚のみたいになってしまったゴールデン、栄養失調で餓死寸前のワンコ、下半身不随で捨てられたダックス、などなど物凄い数のワンコ達を保護して下さっています。
うちのこになったマーリーにしても、ケージの中しか知らず、ただ繁殖の為だけに使われ、使えなくなったのでポイ。
たいてい、繁殖に使う場合は、3〜4年くらいで出産効率が下がるらしく、お払い箱になるそうです。
その場合、餓死させてしまうこともあるようです。
アニプロさんの保護してきた経験上、野良犬の方が元気だと言っておりました。
人間に飼われていたワンコの方が、怪我をしていたり、栄養失調だったり、虐待を受けて異常に脅えたり、と酷い状況なんだそうです。

ペットの需要が有る以上、ブリーダーやペットショップは増えるでしょう。
ここで助けられているのは、本当に一部のワンコたち。
現在も年末の大掃除のように、物凄い数の様々な犬種のワンコが動物愛護センターに収容され、毎日処分されていくそうです。

買う人がいるから、売る人もいる。
ブリーダを責めても、ペットショップを非難しても、買う人がいる以上、止められない。
私はボストンテリアが大好きでした。
でもサゴハチを保護してから、そんな私の犬種への拘りがこのペットブームを支えているのかなと考えるようになりました。

そんな折りに、Animal Protectionや他でも里親を一生懸命探して下さっている方々の活動を知りました。
今の私にはアニプロさんや預かりボランティアさんのような形のボランティアは出来ません。
でも、今、私に出来ることはなんなんだろうー、と考えた時、目の見えないボス爺様を飼っていた経験があれば、マーリーを飼うことも出来るだろうと思ったのです。

今後ペットを飼いたいなー、とお考えの方や知り合いの方がいましたら、里親という選択肢もあることを覚えておいていただきたいです。
子犬を飼うのと違って、家は破壊されないし、トイレの躾けもたいてい大丈夫。
それって凄いメリットですよー。
そして、何よりも、愛情と助けが必要なワンコばかりで、成犬から飼ったとしても子犬から飼うのと同じくらい愛おしいです。
Animal Protectionのページをリンクしますので、是非とも一度覗いて見て下さい。
ワンコ達が新しい家族を待ってます。
a0096529_21562191.jpg

[PR]
by teuchisobaya | 2009-12-28 22:36 | ボストンテリア

蕎麦会席(^^)

本日は、大森一慧先生がいらして下さいました。
簡単な蕎麦会席を、との御注文でしたので、穀菜食的蕎麦会席を用意させて頂ました。
それにしても、緊張しましたー。
そしてとっても楽しかったです(^0^)
a0096529_20164618.jpg
a0096529_20171243.jpg

我々、玄米菜食になって何年が経つのでしょう。
玄米菜食になってから、次から次へと起こる、様々な変化や出来事。
不思議なことがたくさんおこり、それが不思議ではなく、偶然でもなく、全てが必然なんだと言うことが次第にわかってくる。

『食べ物を変えるとからだが変わる。からだが変わると、生き方が変わる。生き方が変わると運命が変わる。』
一慧先生の新しい本『からだの自然治癒力をひきだす 生きかた』の冒頭に出てくる文章です。
この本には、先生の玄米菜食60年間の生きかたへの知恵や工夫がたくさん詰まっています。
「この生き方をわかってくれる人が、それを実践して、健康になり、広めていってくれたらそれでいいの」と先生がおっしゃいました。
決して派手ではない生きかた、人の幸せと健康の為に日々活動なさっている先生、とても素敵です。

私達も、こうやって、縁あって菜食のお店を経営させて頂いています。
私達が作った穀菜食で、一人でも多くの方が、少しでも安らぎや幸せを感じ、健康を考えるきっかけになれたら、それだけでありがたいと思うのです。
今日は、あらためて、先生の玄米菜食への思いと優しさに触れ、玄米菜食や大森先生に出会えたこと、全ての出来事に感謝の一日でした。

                 読んでね(^^)
a0096529_20423131.jpg

[PR]
by teuchisobaya | 2009-12-26 21:30 | 穀物菜食

Happy Merry X'mas (^^)

メリークリスマス だワン(^^)
僕たちもクリスマスケーキ食べたよー。
プー&サゴ
a0096529_20224868.jpg

[PR]
by teuchisobaya | 2009-12-25 20:27 | ワン子

顎(^^)

彼、自発的にこの体勢です(^^;)
何たって、この状態で寝ているのですから。
サゴさんは、こうやって日々、我々に小さな笑いを提供してくれています。
ボスくんのセーターもちょっと小さいけれど、痩せの寒がりなので、気に入っているようです。
プーさんとサゴさん、気持ち良さそーな午後の一時でした。
a0096529_20564775.jpg

a0096529_2057875.jpg

[PR]
by teuchisobaya | 2009-12-23 21:08 | ワン子

初霜

昨晩、数日間吹き荒れた風がピタリと止み、久しぶりに静かな夜でした。
そして、朝起きると、気温がぐーんと下がっており、辺り一面に霜が降りていました。
a0096529_19264971.jpg

まだ大丈夫でしょう、と養生していなかった植物も(><)
霜で、ナスタチウムはクテクテになってしまいました。
まあ、種がこぼれていますから、いづれ復活してくれることでしょう。

今日は冬至。
柚子風呂入りましたかー?
今日明日の日の入りは16時32分。
これから、徐々に日が長くなります。
嬉しいですねー。
友達からもらった、ジャンボ柚子。
こんな大きい柚子初めて見ました(笑)
a0096529_19385550.jpg

[PR]
by teuchisobaya | 2009-12-22 19:41 | 田舎生活

お塩(^^)

南伊豆の海はとても綺麗です。
どこも綺麗ですが、更に人の出入りが少なそう海から店主が海水を汲んできました。
ここのところ毎日寒いので、薪ストーブが大活躍。
その薪ストーブの上に海水をいれたお鍋を置き、コトコトと煮詰めること数日。
a0096529_2111649.jpg

どうやらお塩が出来てきたようです。
a0096529_21112549.jpg

コーヒーフィルターを使ってろ過しているところ。
ぽたりぽたりと『にがり』が落ちていきます。
明日、味見をしてみましょう。
南伊豆のお塩はどんな味がするのでしょうねー。
近くに綺麗な海があることに感謝です。
a0096529_21114185.jpg

[PR]
by teuchisobaya | 2009-12-20 21:26 | 田舎生活

強風注意!

ここ数日、たくさんの方から『地震』の心配を頂いています。
しかし、私も店主も実のとこ、全く、全然、一度も揺れを感じていないのです(^^;)
揺れているのは『東伊豆』エリアでして、そうなるとプレートが違うこちら南伊豆は殆ど影響がないようです。

それよりも、何よりも、私がビビっているのは、ここ数日間吹き荒れている西風です。
台風以上じゃないのーと思うほどの強風で、朝から晩までずーっと、ゴーゴー、バキバキ、ヒューヒュー、グルグルと好き勝手に暴れまくっています。
地震の夜も眠れないくらい豪快な強風でして、真夜中の広報で『地震です』って聞いて、地震があったことを知りました。

外仕事をしようと、意を決して、外に出るみるものの、寒過ぎ、風強すぎぎで、即ギブアップ。
ワンコは風の子、強風にもめげずに、風で落ちた椎の実、食べまくっていますよ。
目指せ、イベリコ犬!
a0096529_19201567.jpg

a0096529_19203539.jpg

[PR]
by teuchisobaya | 2009-12-19 19:25 | 田舎生活

夕方(^^)

今日はとても寒い1日でしたね。
台風なみの強風も吹き荒れ、まさに冬が来た!と言う感じです。
日も短いですから、午後3時を過ぎると、そこからは、一気に夕方モード、一日の終わりを感じます。
冬至まであと5日ですね。
夕方のMariposaです。
傾きかけた日が差し込んできて、温もりと静けさが入り交じった時間、結構好きです(^^)
a0096529_2244627.jpg
a0096529_22442693.jpg

[PR]
by teuchisobaya | 2009-12-17 22:30 | Mariposa