<   2009年 11月 ( 14 )   > この月の画像一覧

煙突(^^)

我が家を造ってくれた『棟梁』に来てもらい、薪ストーブの煙突を設置してもらいました。
棟梁なら確実に構造上の問題をクリアしてくれますから、安全です。
変な所に穴あけちゃったりしたら、やばいですからねー。
煙突は壁出しです。
木酢液をとることも可能です。
外の部分も、ここの強風を考慮して、しっかりと固定してくれました。

本物の火が入った途端、それだけで、お店の空気がガラリと変わりました。
お店が、『生きている』って感じです。
a0096529_22513962.jpg

a0096529_2251587.jpg

a0096529_22521897.jpg

a0096529_22524965.jpg

[PR]
by teuchisobaya | 2009-11-29 23:03 | Mariposa

ぬかくど(^^)

本日、韮山の大ちゃんさんが、噂の『ぬかくど』持参で遊びに来てくれました。
大ちゃんさんのはからいで、南伊豆で無農薬無化学肥料栽培を実践していらっしゃる、
谷農園さんや、はぐくみ農園さん、弓ヶ浜のご夫婦もいらして下さり、食後にみんなで
『ぬかくど』を体験しました。
『ぬかくど』は先日遊びに行った、『こふく亭』さんの御飯炊きに使用していまして、
私も店主も興味津々の道具でした。
a0096529_20563336.jpg

筒の周りに籾殻を入れて、真ん中の筒には杉をちょっと入れて点火。
御飯をセットして待つこと40分。
こんな美味しそうな御飯が出来上がりました。
つやつやしていて、お米が立っています。
本当に物凄く美味しい。
微妙なお焦げがまた香ばしくたまりません。
a0096529_214612.jpg

a0096529_2181743.jpg

自然に火が終わるのを待つだけでいいので、火の消しわすれで焦げ焦げになることもなく、
農家さんが不要としている籾殻が燃料な訳ですから、とっても実用的で経済的。
それに形もなんだか、お洒落で、かっこいいです。
こうやって分解できるところも、スゴイ!
持ち運びに超便利!
でも私は組立が出来ないから、絶対に分解しないけれど(笑)
これからは、一家に一台『ぬかくど』の時代ですね。
色々と準備をして下さった『大ちゃんさんと奥様』に感謝感謝です。
ありがとうございました。
a0096529_21141275.jpg

a0096529_2118710.jpg

[PR]
by teuchisobaya | 2009-11-28 21:28 | Mariposa

Yoga(^^)

本日『Mariposa』にてヨーガのレッスンが行われました。
テーブルと椅子をテラスに動かせば、店内には充分なスペースが生まれます。
外はどんよりと曇っていましたが、それもまた気持ち良く、静かな空間に、とてもゆっくりとした時間が流れていました。
私もいつもは参加する側ですが、本日はレッスン後の食事の用意のため、厨房にての参加でした(^^)
お店側から流れてくる素晴らしい波動とエネルギーを感じつつ、楽しく料理をしました。

本日のメニューはマクロのつゆで食べる『もり』、今までのつゆで食べる『ぶっかけ』、そして『玄米黒豆御飯』、と色々な味を一度に楽しめる、よくばりコースでした。
料理の写真を撮る暇もなく、と言うか、撮ることも忘れていたので、画像無いです、ごめんなさい。
次回、忘れなかったら、撮りますねー。
a0096529_20241652.jpg

[PR]
by teuchisobaya | 2009-11-25 20:29 | Mariposa

どら焼き(^^)

私も店主も甘いものが大好物。
特に『あんこ』もの、大大大好きです。
でも、普通にあんこを作ると、物凄い量の『砂糖』使います。
いくら小豆が身体に良いと言われていても、それだけ砂糖を入れるとなるとねー。
マクロでは砂糖の代わりに『レーズン』使うこともあるのですが、私的には酸味がちょっとね。
砂糖は論外ですが、米飴も甜菜糖もメープルも無しで甘いあんこが作れればいいなーって。
今日はいろいろ試して、私的に甘い『あんこ』ができました(普通の人には甘くないかも。。。)

美味しいあんこが出来たので、急に『どら焼き』食べたくなり、作ってみました。
どら焼きにも、通常は卵やはちみつ、砂糖、牛乳など入れますよね。
それらを入れないでどうやって作るか、実験!
べったり生地やら、おせんべい生地、大失敗の数々(笑)
最終的には、なんとか「これどら焼き?!」って言うものが出来上がりました。
時間が経っても、どら焼きのしっとり、ふっくら感も損なわれず、なかなかいい感じに。

美味しいかった思い出は記憶にしっかりと残っているので、我慢するのは良くない。
でも、普通に食べると、後ほど、具合が悪くなるから、食べたくない。
そうなると、やっぱり自分で作るのが一番かな。
a0096529_21272417.jpg

a0096529_21281783.jpg

[PR]
by teuchisobaya | 2009-11-22 21:36 | 穀物菜食

収穫(^^)

同じ時に同じ大根の種を蒔たのですが、成育環境によってこんなにも違います。
こちらは陽当りは良いのですが、水はけが良すぎて、土はパサパサ、かなりドライ。
ハーブは元気に育ったのですが、大根にはちょっと可愛そうな場所でした。
a0096529_21185788.jpg

こちらも陽当り抜群ですが、土壌は程よく湿っだ状態で、土がフカフカしています。
a0096529_21201052.jpg

間引いた大根ですが、今年は今ままでの中で一番良い出来です。
今まで何回も、葉っぱばかり育てちゃっていましたからねー(笑)
大根葉も大根も水々しく、程よい辛味で、美味しかったです。
まだまだ出来るので、もうちょっと寒くなったら切り干し大根作ろうかな。
a0096529_21491425.jpg

そしてこれ、チンゲンサイ。
今年の春のこぼれ種から勝手に成長してくれました。
アブラナ科ですから、黄色くて可愛い花が咲きます。
その種を色々なところにばら蒔いておいたので、現在色々な場所でチンゲンサイが生長しています(笑)
その中でもこのチンゲンサイは、虫の影響も少なくスクスクと成長しました。
たぶん、周りをミントに囲まれていたお陰、なのではないかと私は推測しています。
今年のトマトにしても、自然発芽して何本も育ちました。
野菜も花が咲いて種がこぼれて、その野菜の季節がきたら自然に発芽してくれる畑になったらいいなあ。
a0096529_21362635.jpg

[PR]
by teuchisobaya | 2009-11-21 22:05 | 田舎生活

夕日(^^)

日も短くなり、随分と寒くなりましたね。
庭にでて、山に沈んでいく夕日を見るのが好きです。
一つとして同じ夕日はないんですよねー。
a0096529_19593511.jpg

a0096529_19595739.jpg

a0096529_2064021.jpg

[PR]
by teuchisobaya | 2009-11-19 20:09 | 田舎生活

猟期

11月15日より猟期に入り、山の中はざわついています。
昨日も外仕事をしていると、銃声を数発聞きました。
う〜〜〜〜ん、何回聞いても、慣れない音です。
心臓がドキッとします。

畑が荒らされるので、駆除も兼ねた猟なんですよね。
でも、もともと山に住んでいたのは誰?って考えると、我々にそこまでの権利があるのかなあ、って。
でも農業で生計をたてている方にしてみれば、切実な問題なのですよね。

それにしても、静かな山の中で、銃声を聞くのは、気持ちの良いものではありません。
「逃げろよ〜」と心の中で祈ります。
May all beings be happy. いつか共存できる日がくることを願うばかりです。

店主くん、雨の日でも楽しそうでしょ?
完全装備で一度でかけたら、なかなか帰って来ませんよ。
猟期の間も山の中で作業をすることが多いので、目立った色が安全です。
a0096529_1955539.jpg

[PR]
by teuchisobaya | 2009-11-17 20:06 | 田舎生活

ヤギさんとサゴさん

こふく亭さんにはヤギさんと羊さんがいます。
ヤギさんは色が真っ白なところだけ、サゴさんに似ている?気がしました(^^)
お母さんヤギの名前は、やっぱり、『ユキちゃん』(笑)
サゴさん、初めてのヤギと羊に大興奮!
ずーっと釘付けになっていました。
対照的に、こう言う時でも、プーさんはクールでしたよ。
a0096529_1673150.jpg

a0096529_1675082.jpg

食後に食べた、スイーツ載せます。
林檎のスイーツと栗のスイーツです。
確か、マロンティラミスと林檎のクランブル、、、だったと思います。たぶん。
もちろんマクロビスイーツですが、自然の甘さが程よく、普通のスイーツに引けをとらない美味しさでしたよ。
メインからスイーツまで安心して美味しく食べられる食べ物屋さんと出会えると、とっても嬉しくなります。
a0096529_16155691.jpg

a0096529_16162765.jpg

[PR]
by teuchisobaya | 2009-11-15 16:21 | 穀物菜食

マクロビパパとこふく亭(^^)

今日はお気に入りのブログマクロビパパの奮闘記の『パパさん』に会いに山梨に行き、さっき戻って来ました。
マクロのことから料理、生き方、etc、、、とためになることばかりで、いつも勉強させてもらっています。

お店の名前は『こふく亭』さん。
地元野菜とマクロビオティックの食事を提供する、自給自足の循環型レストランなんですよ(^^)
屋根には太陽光発電のパネルがどーんと乗り、レストランの電力をまかなっています。
そして、レストランの火力は全て薪や炭。
信じられますか、キッチンにガスコンロもガスオーブンも無いのですよ。
煮炊きから、炒め、揚物、ケーキまでもが薪と炭。
御飯も籾殻で炊く、すごいですよねー。
個人住宅でも大変かと思われることを、レストランで可能にしてしまう、これホントスゴイです。
パパさん曰く、「慣れれば身体が覚えるから使いこなせるようになりますよ」、って。
でも、きっとそうなんでしょうね、何事もやればいつかは慣れる、車の運転しかり、うちの店主の大工仕事にしても同じかな。
考えてみたら、一昔前の日本、いや、世界中がそういった暮らしをしていたのですからね。
ホント、とってもとっても素敵なレストランでした。
我々の理想、自給自足&循環型レストラン、いつかそうなるように、しっかりビジョンが出来ました(^^)
まずは釜戸や雨水タンクなど、あまり予算をかけずに出来ることから、実現ですね。

そして、一番大事なこと!
お料理が美味しいになんのって。
パパさんの料理ですから、美味しいに違いないとは思っていましたが、やっぱり美味しかった。
本物の火で炊いた御飯に、薪で調理された色も香りも濃い野菜たち。
それらの食材やエネルギーが、作り手の手間と愛情によって、さらにパワーアップ。
食べた人が笑顔と幸せでいっぱいになるように、料理してくれているんだなあーって、一口一口伝わってきました。
素敵な環境で、心のこもったお食事、これほどのご馳走はありませんでした。
パパさん、スタッフの方、ありがとうございました。
大満足の一日、感謝感謝ですねー。

許可をいただいたので、リンクしますね。
a0096529_2332223.jpg

a0096529_23324131.jpg

a0096529_23332475.jpg

a0096529_2333174.jpg

a0096529_23334226.jpg

a0096529_2334193.jpg

a0096529_23341971.jpg

[PR]
by teuchisobaya | 2009-11-13 23:03 | 穀物菜食

芋泥棒!

切り干し芋を作ろうと思って、蒸かし芋作って干しました。
でもこの作業、実は今日で3度目なんです。
1度目、干しておいたら、翌日にはザルごと消えていました。
探すと、干しておいたデッキの下にザル発見。
もちろん、芋は跡形もありません。
2匹が第一容疑者でしたが、目撃者も証拠もないので、一応無罪。
a0096529_20274743.jpg

翌日、もう一度、蒸かし芋を作り、干しました。
お友達が遊びに来てくれたので、話をして、戻って来ると、またもや、芋が紛失!
そして、その周りにはプーとサゴがいて、そして2匹の足跡がベタベタ。
「こらーーーーーーー!」と怒っても後の祭り。
「そんなところに、干すからだよ、届く所に干すほうが悪いよー」と何故か店主と友達が、ワンコの見方に。
「何でよー。せっかく作ったのにー、誰か私にちょっとは同情してよー(涙)」
「何で勝手に食べるのよー」と2匹を追いかけてみたものの、「何で置いてあるのに食べちゃ駄目なのさー」と今一つ追いかけられている理由を理解していない2匹。
怒っていてもしょうがないので、3度目の挑戦。
流石の私も頭を使いました。
今日はネットの中に入れて吊るしたから、大丈夫。

何だか、最近、サゴさん、随分と図太くなった気がするなー。
プーに似てきちゃったなあー。
a0096529_20423347.jpg

[PR]
by teuchisobaya | 2009-11-09 21:00 | ワン子