<   2007年 10月 ( 23 )   > この月の画像一覧

お猿さん

今朝は早朝から鹿の甲高い鳴き声が聞こえてきました。

今朝も良いお天気、いつも通りに山へのお散歩に出発。
家から出てすぐに、プーさん恒例のクンクン、空中の臭嗅ぎチェックが始まりました。
「今日も動物が近くにいるんだなあ〜、鹿かなあ〜」って考えていたら、突然「ウギャ〜!」と雄叫びが、、、
と、同時にプーさんが山へ猛ダッシュ!!!

上を見上げると高い木の上に見張りの猿が二匹、こちらを見てはしきりに仲間に警戒音を発令しています。
プーさんが走り回れば回るだけ、その「ギャ〜ギャ〜」警戒音は更に凄い鳴き声に。
よ〜く見ると、小さな赤ちゃんから、大きなボス猿までかなりの数のお猿さんの群れが木の陰からみんなこちらの様子を伺っています。
見られてる〜見られてる〜、、、、、せっかくこちらを見てくれているので、記念撮影、パシャリ(^o^)
この季節、柿や蜜柑はちょうど食べ頃、人間が美味しいと思うものは猿も同じなんですよね〜。

我が家の場合、プーさんがいてくれるお陰で、作物への被害はほとんどなので、助かっていますけど、この近所では、猿への威嚇は基本的にロケット花火を使用します。
出かける時に、下のばっちゃんの大きな声が聞こえてきたので、今頃ロケット花火で猿を追い払っているんではないでしょうか。
でもお猿さん、頭いいから、すぐに戻って来るんですよね〜、、、毎度のことながら、ばっちゃん大変(><)

a0096529_10374553.jpg








a0096529_103813.jpg









a0096529_10382153.jpg










a0096529_10571850.jpg

[PR]
by teuchisobaya | 2007-10-30 10:45 | 田舎生活

日向ぼっこ(^^)

今日も朝から気持ち良いお天気。
風はひんやり、でもお日様はぽかぽか。

寒くなってきてからのお楽しみの一つは「日向ぼっこ」(^^)
今日みたいな日に、日だまりでのんびり、ついつい「うとうと〜」って、気持ちがいいですよね。

日向ぼっこが好きなのは我々だけでなく、ボス爺様も昔から日向ぼっこが大好き。
昔、目が見えなくなる前までは、一人で縁側に行ってはゴロンって寝転がっていたものです。
現在は私が日向まで連れて行ってあげると、そこでグウ〜グウ〜寝ています。

対照的にプーさんが日向ぼっこしているのは見た事がありません。
ボス爺様が日向ぼっこしている間でもプーさんは冷たい所を探して、こうやって「日陰ぼっこ」?!?!しています。
薪ストーブにはあたりに行くのに、日向ぼっこはしないんですよね、何でかな〜?
a0096529_10365682.jpg
a0096529_10374381.jpg

[PR]
by teuchisobaya | 2007-10-29 10:49 | ボス爺様

ムベ

「ムベ」と言うアケビのお仲間です。
アケビとは違ってコロコロ、ツヤツヤしていて何だか可愛いらしい感じがしませんか?
熟しても割れず、葉っぱも常緑種、微妙にアケビとは違いますね。
もちろん食べられますが、もうしばらく飾って楽しませてもらって、後ほどいただこうと思います。

a0096529_74862.jpg

[PR]
by teuchisobaya | 2007-10-27 07:57 | 田舎生活

FULL MOON

本日は満月、大潮。
前々回の満月ではプーさんがそわそわで大変でしが、今回はボス爺様の番みたいです。
昨晩からうろうろ、そわそわ、何だか忙しがしそうです。
まあ、ボス爺様の場合はプーさんと違って、夜遊びの心配もないのである意味安心ですが。
そう言う私も、今朝は何故かAM4時前に目が覚めまして、、、、
昨晩ず〜っとお月様見ていましたから、これも満月の影響かもしれませんね。
今晩もお月見出来るといいなあ(^^)

       昨晩のお月様
a0096529_8124397.jpg











a0096529_813136.jpg











         そわそわ爺様
a0096529_8185230.jpg

[PR]
by teuchisobaya | 2007-10-26 08:23 | 田舎生活

電気柵

この柵、一見したところ、普通の棒と線。
この辺りでは猪よけの方法としてこの「電気柵」を使用する家が多いです。
数千ボルトの電圧が流れる線を、畑や農作物の周りにはりめぐらして、夜だけ電気を流す仕組み。
触ってしまった事のある方が、肩まで「ドスン」とシビれる程のショックがあるって、おっしゃっていました(><)

でっ、うちのプーさんも猪同様この電気柵が大大大〜嫌いです。
何故かと言うと、過去に二度も触っちゃっているから。
きっとルンルン気分のお散歩中に「ビリビリ〜〜〜〜」って感じだったのでしょう。
でもあれは確か昼間だった気がしたのですが、、、、、、

相当のショックだったのでしょう、触った直後はしばらく、山への散歩にも行きたがらなかったのほどです。
しかも、二回とも店主との散歩中の出来事。
それからと言うもの、山への散歩は、店主と二人っきりだと途中で家に戻って来てしまう始末。
電気柵もマムシもまるで店主の仕業とでも思っているかの悟得、、、、
山、店主、痛い、、、、変に結びついちゃったんでしょうね〜、この3つが。
家にいるときは、店主大好き、べったり、べったべったのプーさんなんですけどね。
まあ、心の傷が癒えるには相当の時間はかかるってことなんでしょうね、きっと。

a0096529_10432834.jpg


            店主の膝枕〜 でもお外は危険がいっぱ〜い
a0096529_1174032.jpg

[PR]
by teuchisobaya | 2007-10-24 11:16 | 田舎生活

渋柿暖簾

店主が家の裏山から渋柿を収穫して来ました。
ですから、またまた干し柿が増えています。
今までの渋柿は無人売店での購入品でしたが、裏山産も穫り頃になって来たので今回は裏山産(^^)

老若男女問わず、みなさん干し柿を見ると嬉しくなってくれるようで、こちらも嬉しいです。
干し柿も干したばかりと数日たってからでは色も形も変化して、表情がどんどん変わります。
干し柿の暖簾みたいで、お日様の光で照らされるとすごくきれい、毎日観察していて楽しいです。

a0096529_6583760.jpg


a0096529_704431.jpg










a0096529_72445.jpg










a0096529_762940.jpg

[PR]
by teuchisobaya | 2007-10-23 07:20 | 田舎生活

ハンミョウ

このカラフルで綺麗な虫くん、家の周りにたくさんいます。
はじめは何の虫か知らなかったのですが、友達が「今は珍しいなハンミョウがいる〜!」って教えてくれました。

調べると、渓流沿いの山道にいるらしいです。
山を歩いていてハンミョウに出会うと、ハンミョウは我々の先へ先へと飛んで行きます。
前に飛んで行っては数メートル先に着地するので、「まるで道案内をしているみたいだ」と言うことから「ミチオシエ」と言う別名もあるそうです。

着いて行ったらどこか別の世界に連れて行ってくれるかもですよ〜〜(^^)

a0096529_1115584.jpg

[PR]
by teuchisobaya | 2007-10-22 11:03 | 田舎生活

真似っこ(^^)

以前も書きましたが、プーさんはボス爺様が大好き。
小さい頃から何でもボス爺の真似っこ。

薪ストーブが我が家にくる前は、ボスがコタツの中に入って暖まっているのを見て、プーも入ろうとして大変。
プーが入ってしまったら、コタツの中は足を入れる隙間も無い状態に、勿論誰も入れない。
無理矢理引きずり出そうとすると、抵抗する始末(><)
「ボス爺はいいのに、何で私はダメなのよ〜」って感じでした。

私的には、ボス爺を見て育ったプーさんは、自分の体の大きさを、時々、ボストンテリアのボス爺と同じだと考えている節があるように思います。
無理だろうと思われる狭い隙間にグイグイ入ってきたり、無理矢理寝ようとしたり、、、、たぶん、、、

こうやってボス爺が寝ているとプーも来て、不思議と同じ格好で寝たりするんですよね〜。

a0096529_7294978.jpg

[PR]
by teuchisobaya | 2007-10-21 07:41 | ボス爺様

秋の味覚

秋の味覚収穫(^^)
アケビにさつま芋。
a0096529_1027793.jpg


             プーさん大好きなさつま芋チェック(^^)
a0096529_1027303.jpg


干し柿は更に10キロ追加したので、今のところ全部で15キロ干したことになります。
今回はたくさんお手伝いしたので、たくさん食べていいそうです(笑)
a0096529_1029540.jpg










a0096529_10293568.jpg
[PR]
by teuchisobaya | 2007-10-20 10:35 | 田舎生活

干し柿

今年も渋柿が出回ってきたので、現在毎年恒例の「干し柿」作り(^^)

担当は店主。
「干し物」関係は店主まかせです。
干し椎茸、梅干し、切り干し大根、干し柿、、、時間をかけてはぐくむ系は店主の方が性分にあっているようです。
時間をかけてゆっくり、ゆっくり、裏返したり、場所を変えたり、雨が当たらないようにしまったり、、、、、結構マメに面倒みてあげる必要あるんですよね。
あとは気候やお日様と相談しながら、甘みや旨味を育てていく感じらしいです。

これからもまだまだたくさんの干し柿を吊るす予定らしいです。
窓越しに見える干し柿は、心和むとっても美しい日本の風景ですね。
見てもよし、食べてもよし、って日本の昔からの文化ってすごいですね〜。

a0096529_7254452.jpg









a0096529_7265026.jpg









a0096529_7262861.jpg

[PR]
by teuchisobaya | 2007-10-19 07:37 | 田舎生活