カテゴリ:Mariposa( 20 )

営業開始のお知らせ(^0^)

いよいよ新しいお店の営業開始です。
とは言っても、まだまだ、山の手入れや開墾、農作業、家造り、、、とやりたいこと、
やらなければいけないことが山ほどあるので、完全予約制にての営業とさせて頂きます。

私たちに出来ることを、出来る範囲で一生懸命やっていきます。
食材と環境に感謝しながら、食べた方の健康で幸せを願い、心を込めて調理すること。
この緑豊かな場を、より心地よく調和のとれた空間に育てていくこと。
生命力のある食べ物をつくること。
そして、何よりも今という瞬間を大切に楽しく生きていくこと。

こんな感じで、これからは少し変わってる?なお店としてやっていきますので、宜しくお願いします(^^)

名前も変わりました。
『Mariposa』(まりぽさ)

Mariposaとはスペイン語で『蝶』を意味します。
『蝶ヶ野』と言う、この場所にちなんで付けました。
そして、ここにたくさん自生するジンジャーリリーの別名も、Mariposa。
風や木々の音、虫や鳥の声が響き渡る天空の森。
そんな静かな空間で、ゆっくりとした時間を過ごして頂けたらと思っています。

完全予約制。
ご予約は出来ましたら、2,3日前だと、とてもありがたいです。
手打ち蕎麦、精進天ぷら、玄米御飯、マクロビオティック料理、マクロビスイーツ‥など
ご予約の際に、希望のお食事、人数、日時をお知らせ下さい。
[PR]
by teuchisobaya | 2010-01-01 08:35 | Mariposa

夕方(^^)

今日はとても寒い1日でしたね。
台風なみの強風も吹き荒れ、まさに冬が来た!と言う感じです。
日も短いですから、午後3時を過ぎると、そこからは、一気に夕方モード、一日の終わりを感じます。
冬至まであと5日ですね。
夕方のMariposaです。
傾きかけた日が差し込んできて、温もりと静けさが入り交じった時間、結構好きです(^^)
a0096529_2244627.jpg
a0096529_22442693.jpg

[PR]
by teuchisobaya | 2009-12-17 22:30 | Mariposa

石畳(^^)

ここの土は全体的に粘土質です。
雨が降ると、ドロドロ、ネバネバ、靴の底から車のタイヤ等に土がくっついて、もう大変。
なので、一年前に採石を敷きました。
でも、採石って機能的ではありますが、ビジュアル的に殺風景な感じなんですよね。
そこで、採石を取り除いて、石畳にすることに。
取り合えず、駐車場部分を、一台ずつ開始しました。

採石って流石に機能的なだけあって、カチカチに固まっています。
ツルハシでガツンガツンを掘らないと掘れません。
店主がツルハシと鍬とスコップといろいろ使って採石を掘り起こし、私が手押し車で掘り起こした採石や土を取り除きました。
ある程度土地を取り除いたあとに、選んだ石の形に更に穴を掘り、石を敷き詰めていきます。
モザイクタイルと同じで、どの石をどういう風に置こうかなーって考えるのはとても楽しい作業でしたね。
取り合えず、二台分の駐車場完成!
こんな感じに仕上がりました(^^)
a0096529_8202379.jpg

a0096529_8213485.jpg

a0096529_8221261.jpg

[PR]
by teuchisobaya | 2009-12-14 08:33 | Mariposa

たにさん大根(^^)

そろそろ、切り干し大根を作ろう、と言うことになり、『たに農園』さんに無農薬大根を
お願いしました。
以前のお店の時の時にも大根や人参、人参ジュースなどお世話になっていましたが、
たに農園さんの野菜は美味しいです。
無農薬、無化学肥料で育てた野菜はずっしり、どっしり、野菜の濃い味がします。
今回頂いた大根も、どっしり重たくて、私の大根とは出来が違いました、流石です。

先日も、「私が植えたタマネギの苗が急にしおれちゃうんだけれど」と相談したら、
苗の周りを指で掘り、犯人は「ヨトウムシ」だよと、教えて頂きました。
こればかりは、心を鬼にして、排除しないと、畑が全滅します、とのアドバイスも。
なので、今は、毎日タマネギの見回りに行き、ちょっとしおれそうな苗の周りを掘っては、
探し、掘っては見つけ、と地道な作業を続けております。
地味な作業の繰り返し、それが美味しい野菜の源なんですよねー。

無農薬栽培に興味のある方は、是非とも農園にも遊びに行かれてみてはいかがですかー?
ここから、5分くらいのご近所さんです。
a0096529_2133314.jpg

a0096529_21343785.jpg

[PR]
by teuchisobaya | 2009-12-02 22:24 | Mariposa

煙突(^^)

我が家を造ってくれた『棟梁』に来てもらい、薪ストーブの煙突を設置してもらいました。
棟梁なら確実に構造上の問題をクリアしてくれますから、安全です。
変な所に穴あけちゃったりしたら、やばいですからねー。
煙突は壁出しです。
木酢液をとることも可能です。
外の部分も、ここの強風を考慮して、しっかりと固定してくれました。

本物の火が入った途端、それだけで、お店の空気がガラリと変わりました。
お店が、『生きている』って感じです。
a0096529_22513962.jpg

a0096529_2251587.jpg

a0096529_22521897.jpg

a0096529_22524965.jpg

[PR]
by teuchisobaya | 2009-11-29 23:03 | Mariposa

ぬかくど(^^)

本日、韮山の大ちゃんさんが、噂の『ぬかくど』持参で遊びに来てくれました。
大ちゃんさんのはからいで、南伊豆で無農薬無化学肥料栽培を実践していらっしゃる、
谷農園さんや、はぐくみ農園さん、弓ヶ浜のご夫婦もいらして下さり、食後にみんなで
『ぬかくど』を体験しました。
『ぬかくど』は先日遊びに行った、『こふく亭』さんの御飯炊きに使用していまして、
私も店主も興味津々の道具でした。
a0096529_20563336.jpg

筒の周りに籾殻を入れて、真ん中の筒には杉をちょっと入れて点火。
御飯をセットして待つこと40分。
こんな美味しそうな御飯が出来上がりました。
つやつやしていて、お米が立っています。
本当に物凄く美味しい。
微妙なお焦げがまた香ばしくたまりません。
a0096529_214612.jpg

a0096529_2181743.jpg

自然に火が終わるのを待つだけでいいので、火の消しわすれで焦げ焦げになることもなく、
農家さんが不要としている籾殻が燃料な訳ですから、とっても実用的で経済的。
それに形もなんだか、お洒落で、かっこいいです。
こうやって分解できるところも、スゴイ!
持ち運びに超便利!
でも私は組立が出来ないから、絶対に分解しないけれど(笑)
これからは、一家に一台『ぬかくど』の時代ですね。
色々と準備をして下さった『大ちゃんさんと奥様』に感謝感謝です。
ありがとうございました。
a0096529_21141275.jpg

a0096529_2118710.jpg

[PR]
by teuchisobaya | 2009-11-28 21:28 | Mariposa

Yoga(^^)

本日『Mariposa』にてヨーガのレッスンが行われました。
テーブルと椅子をテラスに動かせば、店内には充分なスペースが生まれます。
外はどんよりと曇っていましたが、それもまた気持ち良く、静かな空間に、とてもゆっくりとした時間が流れていました。
私もいつもは参加する側ですが、本日はレッスン後の食事の用意のため、厨房にての参加でした(^^)
お店側から流れてくる素晴らしい波動とエネルギーを感じつつ、楽しく料理をしました。

本日のメニューはマクロのつゆで食べる『もり』、今までのつゆで食べる『ぶっかけ』、そして『玄米黒豆御飯』、と色々な味を一度に楽しめる、よくばりコースでした。
料理の写真を撮る暇もなく、と言うか、撮ることも忘れていたので、画像無いです、ごめんなさい。
次回、忘れなかったら、撮りますねー。
a0096529_20241652.jpg

[PR]
by teuchisobaya | 2009-11-25 20:29 | Mariposa

白血病    

今日は、お店を新しくするに当たって、載せるべきかどうか迷っていた文章を載せさせて頂きます。

父のことを書いた文章です。
迷っていた時、知人のお父様が癌で余命宣告を受けたと知り、また別の友人からも叔父様が癌で余命告知されたとのお話を伺い、決めました。

父は、70代入ってまもなく天国に旅立ちました。
突然、定期検診をしている病院から『白血病』のため即入院、との連絡。
本人は症状もなくいたって元気だったので、「『白血病』?ガンの家系じゃないから、何かの間違いに違いに違いない」と。
母から電話を貰った時も、「お父さん『白血病』だっていうんだけれど、全然元気だから大丈夫だよね」と。
誰一人として、その当時元気で強かった父から『死』を想像することは出来ませんでした。
確かに、疲れやすかったのですが、そこから白血病を連想するほどの重病には見えなかったのです。

白血病は、免疫力が低下するため、外界との接触を断つことになります。
元気にも関わらず、無菌室への入室。
エアーカーテンが父の周りにあり、入室時は、消毒とマスクが義務づけられます。
ガラス越しの病室で電話を使っての面会時もありました。

抗がん剤で数値がよくなった時は、一時的に普通の生活に戻れます。
でも、元気で外にいられる時間も、次第に短くなっていき、
徐々に『死』と言うものを、本人も家族も意識し始めることになります。
父の病室には、家族や友人が交代で寝泊まりをしました。
そして、みるみるうちに痩せ細り、フサフサだった髪の毛も全て抜けていきます。

病室に泊まったある日、父に「生きていて欲しい」と伝えるた時の父からの返事が今だに忘れられません。
「俺だって生きたい。おまえが生かしてくれるのなら、何だってやる。生かしてくれるのか?」
と悲しみに満ちた返答でした。
当時の私には、返す言葉もなく無力さを痛感しました。

当時、病気とはお医者さんや薬が治してくれるもので、お医者さんが駄目だといったら、諦めるしか無い、と信じていたからです。
食事療法や手当法など全く知らず、そんなことは頭の片隅にもありませんでした。
食べるものによって、この体が作られていて、骨も皮も血もすべて、何を食べたかが影響していると言う、
当たり前の方程式が当たり前ではなかったのです。

父が「アンキモが食べたい」と言えば買いに行き、「ビーフシチュー」が食べたいと言えば探し、
外にも出られず、やりたいことも出来ない父の為に出来るだけの事をしてあげたいと思い行動しました。
父は戦後の貧しい時代に育ったと聞いています。
辛かった頃の反動もあったのでしょう、食に対してかなりのグルメでした。
ですから、私も『肉神話』の中で育ちました。
肉を食べなければ丈夫になれない、肉を食べなさい、もっと、もっと、と。

病気が発覚してからも、病院食を嫌い、常に好きな料理を作ってもらい、病院の中でもグルメでした。
好きなことをして、好きなものを食べて、それで満足して逝くのなら、それはそれでよいと思います。
でも、父はもっと生きたかった、そう言っていました。

途中から、薬の副作用で、酷い口内炎が出来、大好きだった食事もままならなくなり、
そして次は糖尿病、インシュリンも打つことに。
薬の量もどんどん増えるのに、一向によくなりません。
病気を治すのでなく、症状の進行の速度を落とすための治療が続きました。
様々な新薬を使っての、延命治療。
これだけ、医学が発達していても、世の中には治せない病気がたくさんある、
西洋医学って何なんだろう?、と考えました。
決して西洋医学を否定するわけではありません、とても必要です。
余命三ヶ月と言われた命を、一年まで延命してくれたのですから、それはやはり医学のお陰です。
最後まで、一生懸命父の面倒を見てくださった病院の先生や看護士さん方にも心から感謝しています。

でも、西洋医学では、何故その病気になったのかと言う、原因はあまり重視しません。
何故その病気になったのか、その原因を考える事が、とても重要なのではないのか、と思うのです。
今まで食べてきたもの、蓄積してきたもの、化学物質、添加物、アルコール、無理な労働、ストレス、
原因になったかもしれないと思われる要因を考え、それらをまず排除した上での治療もあってよかったのではないのかな、と今になって思います。

食べたものが身体を作る。
私達が本来、本能で分かっていたことを取り戻しせたら、もっと元気になれるのではないでしょか。
春には野草を食べたり、季節や地域の物を頂く。
お米一粒にも神様が宿ると考え、一粒も残さずに感謝して食べる習慣。
私達日本人が本来大切にしてきた、食生活や生活習慣。
ちょっと具合の悪いときには、梅干しや葛、生姜など、昔からの知恵を使う。
盲目的に、薬やお医者さんに頼るのではなく、暴飲暴食やケミカル摂取を控え、自分の生活習慣を見直す。
毎日の生活の中で簡単に出来ることばかりだと思うのです。

今思えば、私達が食生活を変え、菜食になっていったのも、この父の病気、治療、そして父の死を経験したことが大きなきっかけでした。
父の病気と死を通して、夫婦でこれからの人生を考え直すことが出来たことは、宝であり、亡き父に心から感謝しています。
これからも、楽しく一生懸命食事を作り続けます。
そして、魂が喜ぶ空間を築いていけたらと思います。

May all beings be happy(^^)
[PR]
by teuchisobaya | 2009-11-07 06:32 | Mariposa

煙突(^^)

今日お店用に注文していた『煙突』が到着しました。
いよいよ、お店にも薪ストーブがはいりますよー(^^)
光と風を取り入れることを重視したので、壁面よりも、開口部分が多い造りです。
そうなると、意外と薪ストーブを置く場所は限られてしまうのですよねー。
なので、エントランス付近が薪ストーブエリアとなりそうです。
寒くなればなるほど、楽しい薪ストーブ!
炎の前で『ボー』っとしてもらいたいですねー。
a0096529_21134119.jpg

先日、テーブルを2つに分けてセットしてみました。
また違った雰囲気になりました(^^)
a0096529_21255358.jpg

[PR]
by teuchisobaya | 2009-11-05 21:31 | Mariposa

道(^^)

町道から、うちへの入り口です。
結構長いスロープを上がります。
a0096529_22491015.jpg

そのスロープを上がりきったところに、こんな玄関があったら、それはMariposaです(^^)
ちょっと急な上り坂ですが、「このくらいの斜度は、かわいいものです」、と宅配の方に言われました。
Uターンしづらい時など、宅配の方達は、いとも簡単にバックで帰るのですから、流石プロです。
a0096529_22581753.jpg

今、ツルウメモドキがキレイですね。
本日は群馬からお客様がいらして下さいました。
閉店以来ずっと待っていて下さり、本当に本当に嬉し限り。ありがとうございます。
こうやって、予約でお客様を迎えてみると、昔からの友人と再会するような、とても嬉しい気持ちになるのです。
スイーツ何作ろうかな〜。
どのお花飾ろうかな〜。
暖簾はどれにしようかな〜、、、、、、あれや、これや、考えて、楽しいのです、とっても(^^)
ありがとうございます。
a0096529_22585371.jpg

[PR]
by teuchisobaya | 2009-10-25 22:12 | Mariposa