アニプロ卒業生(^^)

今日は同じANIMAL PROTECTION卒業生のティーポ君が、先住犬のヴイーたんと遠路はるばる遊びに来てくれました(^^)
ティーポ君は飼い主によって保健所に持ち込まれ、アニプロさんによって救出されたワンコです。
以前も書いたと思いますが、飼い主持ち込みワンコは『その日処分』されてしまうのです。
でもティーポ君は、今はこうやって優しい家族と元気一杯、幸せに暮らしています。
シッポフリフリ、いっぱ〜い触らせて貰いました(^口^)

ティーポ君もサゴと同様、ガリ痩せちゃんです。
食べてもなかなか太らない、飼い主泣かせの体質。
それは、サゴも同じで、御飯を増やせば増やすだけ、『大』の回数が増えちゃう!タイプ?(^^;)
子供のころからの栄養失調や栄養不足で、ガリガリ体質が出来あがってしまっているのかなあ。

ティーポにヴィーたんにプーにサゴにマーリー、小雨の降る中大集合!
お互いに臭いを嗅いだり嗅がれたり、大忙し(笑)
みんな動き過ぎで、ちゃんと写真撮れないよ〜(><)
a0096529_1946851.jpg

a0096529_19465369.jpg

なかなかみんなの集合場所が分からなくて、一人蚊帳の外だったマーリーもちょっとだけ参加。
「ヴィー姉たん、あたちにもちょっと臭い嗅がせてくださ〜い」
a0096529_19472480.jpg

パセンジーのヴイーたん。
本日カメラ目線をくれた唯一のワンコ、可愛いね〜(^^)
a0096529_19485060.jpg

プーさんは臭いを嗅ぎ終わるとさっさと椎の実食べに行ってしまいましたが、サゴさんはティーポが気に入っちゃったみたい(^^;)
女の子のヴイーたんでなく、男の子のティーポが気になるとは、やはり、オヌシ・・・
まあ、それもそれで良しとしましょーか。
a0096529_19514594.jpg


こうやって、保健所出身のワンコと一緒に暮らしたり、ティーポ君に会ったりして、犬には何の落ち度も無いと言うことを実感しています。
マーリーもティーポも本当に良い子です。
保健所にいるワンコは、問題児なんかじゃないんです。
病気だから、目が見えないから、吠えるから、それは犬のせい?
そんな理由で、返品、処分でいいのでしょうか?
毎日毎日、人間の勝手な都合で処分される動物達の命。
もし、新たに動物を飼おうとしている方がいましたら、保健所の中で震えているワンコたちを候補に入れてもらえないでしょうか?
どうか、宜しくお願いします。
[PR]
by teuchisobaya | 2010-02-11 21:03 | ワン子


<< お初です(^ー^) うどん(^^) >>