牛の尻尾

今朝、ABCニュースで、『牛の尻尾切り』について報道していた。
乳牛の尻尾が酪農機械や人間に当たるのを防ぐ為に、尻尾を切る、と言う話。
とくに『工場酪農』と呼ばれている、大規模酪農では、麻酔もせずに、大きなハサミのような物で尻尾を切るらしく、今朝のニュースでその痛々しい映像が流されていた(><)
動物愛護団体のメンバーが隠し撮りした映像は、狭くて汚く糞尿まみれの小屋の中に、大量の牛が詰め込まれてるものや、暴力を受ける牛たちの映像だった。
映像の工場酪農では5千頭もの牛が、外に一歩も出ることを許されず、一生柵の中。
牛乳をとる為に、常に妊娠させている状態。。。。。などなど。
経営者は「尻尾を切るのはそんなにストレスではない」と言っていた。
麻酔なして切るのが?麻酔あっても嫌でしょ、普通。
最近やっと、カリフォルニア州で麻酔なしで尻尾を切ることを禁止、NYでも禁止の動きが、と言うニュースだった気がする。
麻酔有りなら、いいんだーと疑問に思いつつニュースは終了。

このブログでも以前紹介した『Skinny Bitch』にも書いてある『食用動物たちへの虐待』の中のほんの一部分が公になった感じ。
日本でもやはり、尻尾を切ると言う行為は存在するらしい。

このニュースを見て思い出したのは、先日、知人の紹介で遊びに行った『大美伊豆牧場』さん(^^)
ニュースの牛たちとは、正反対で、どの牛ものびのび、のーんびりくつろいでいて、臭いもほどんどないキレイな牛舎だった。
ここの乳牛たちは広くて清潔な牛舎で寝泊まりし(お外で日向ぼっこしているであろう牛たちもいましたね)、ミネラルの豊富な還元型活性水と安全で健康な飼料を飲んだり食べたり。
店主も、この飼料を味見したらしいが、「草とかトウモロコシとか入っていて美味しかったよ」と言っていた(笑)
そして、ここの牛乳が無臭でサラサラしているけれどコクのあるとても美味しい牛乳らしい。
この生乳で作ったのソフトクリームもまた格別らしく、店主は以前遊びに来た時に両方とも食べ、何年かぶりの牛乳とソフトクリームを堪能したそうだ。

愛情をもらってストレスの無い乳牛の牛乳と、痛みと恐怖の中にいる乳牛の牛乳。
どちらがいいかと聞かれたら、間違いなく、ストレスフリーの牛乳を選ぶでしょうー、私なら。

普段何気なく、購入している商品すべてに、何らかのバックグラウンドがあるわけで、出来ることならば、健全なバックグラウンドを持つ商品のみを消費者が購入するようになれば、苦しい思いの動物は少しでも減るだろうなーと、思ったりしたわけです。

ちょっと重たい話でごめんなさいねー。
狭い牛舎に押し込まれていた牛たちを見て、マーリーの置かれていた状況を考えちゃったのですよねー。

そうそう、大美伊豆牧場に行った理由は、この完熟堆肥を購入するため。
元気な牛の牛糞堆肥、土壌改良肥料なので、ゆっくり効果が出てくるらしい、楽しみだなあ。
a0096529_20513735.jpg

今日のうちの3匹、店主の食事を物欲しげに眺めるサゴちゃん。
a0096529_20503775.jpg

御年寄りになってきて、ちょっと瞼が重たい今日この頃のプーさん。
a0096529_20505439.jpg

本日シャンプー後、薪ストーブ前にて爆睡乾燥中!ちょっとスリムになったでしょー?のマーリー。
a0096529_20521066.jpg

[PR]
by teuchisobaya | 2010-01-27 21:17 | 穀物菜食


<< 添い寝2(^^) 遊び(^^) >>