ゆべし(^^)

今日の料理教室では、柚餅子を作りました。
毎年、柚餅子作りをされている方が中心となり、みんなで100個くらい作ったかな。
材料を入れた味噌を焦がさないように弱火で練ること40分。
同時に、荏胡麻から白胡麻、松の実、胡桃、上新粉なども全て丁寧に炒ります。
それから、柚子も切って、中身を取り出し、白い部分もきれーーーーーいに取り除くんです。
この白い部分があると苦味になってしまうそうで、破かないように、丁寧に柚子の器を作るんです。
器が出来たら、練った味噌を中に詰めて、蒸し器に入れて蒸すこと30分。
皆で分担しても、あっという間に3時間以上経過。
食べていただけでは、わからない、手間暇かかるお料理だったのですねー。

これが30分蒸した状態。
この後、明日、家でもう一度蒸し、数日間常温に置き、更に和紙に包んで、軒下に吊るし、
数ヶ月、寒を通して、やっと出来上がり、です!
a0096529_21471170.jpg

a0096529_21473227.jpg

これは、去年の柚餅子です。
寒を通すと、こんな感じになります。
a0096529_21511218.jpg

切ると、そこには、胡桃、荏胡麻、白胡麻、松の実が、見事な小宇宙を作り出しています。
季節の物で、これから来る寒さを利用する、昔の人の知恵が詰まった素晴らしいお料理ですね。
a0096529_21513344.jpg

[PR]
by teuchisobaya | 2009-12-08 22:04 | 穀物菜食


<< 切り干し大根(^^) 玄米甘酒(^^) >>