カイガラムシ

蜜柑の木にカイガラムシが大量に寄生していて、その排泄物を栄養源とするスス病が発生。
スス病と言うだけあって、葉っぱが真っ黒になります(><)
取り敢えず、手でカイガラムシを取ったり、葉っぱを洗ったりしているんですけれど、なかなかね〜。
そこでカイガラムシが嫌いな『液体』を作る事にしました。
以前に読んだ本に書いてあった作り方で、トウガラシやニンニクを木酢液で漬け込みます。
でも、これ三ヶ月寝かすって。。。。。
もっと早く作っておけば良かったのですけれどね〜、寝かすとは知らなかったもので。
取り敢えず、今は薄めた木酢液で様子をみてみましょう。

昔古い民家に住んでいた時、住み出したばかりの頃は『ムカデ』と度々遭遇していたのですが、原液の木酢液を家の周りに蒔いてたら、室内では全然出会わなくなりました。
木酢液も竹酢液も、かなり強烈な臭いですからね〜。
まあ、我々が自ら山の暮らしをしているので、虫に目くじらたてるだけ時間の無駄と言うもの。
ほどほどに、仲良く、共存しければいいですね。
これ、辛そ〜、臭そう〜でしょ?!?私が虫なら、まず逃げます(^^;)
a0096529_2261168.jpg

[PR]
by teuchisobaya | 2009-05-09 22:17 | 田舎生活


<< 発芽(^^) 蜜柑の花(^^) >>