薪割り

今日はいきなり涼しいを通り越して、半袖ですと寒いくらいです。

もうすぐで、待ちに待った薪ストーブの季節(^o^)
薪ストーブの炎は家全体をぬくぬくにしてくれて、寒い冬を楽しく快適に過ごさせてくれる大切なアイテム。
ただし、それも薪あってのお話。

蟻とキリギリスの蟻のように、まだ暖かくて体が自由に動く時にせっせと薪集めをしておかないと、寒〜い冬になってしまいます。

今年は台風の置き土産で、幸運なことに家の前に桜の木が数本倒してあります。
ですから、店主が毎日スコ〜ンスコ〜ンと気持ち良さげに薪割りをしてくれています。
本人曰く、薪割りはすご〜く楽しいスポーツらしいです。

田舎暮らをししていると薪ストーブ友達もたくさんいます。
そういう友達が集まると、どこの斧が良いとか、どこそこに木が寝ているので貰いに行こう、とか、桜だ〜櫟だ〜椎だ〜、、、と薪の種類の談義だったり、なんだかとっても楽しそうです。

私とボス爺とプーさんは薪ストーブの前に座っていられればそれで幸せなので、薪割りには参加しないキリギリスです。

a0096529_10575081.jpg

[PR]
by teuchisobaya | 2007-09-29 11:06 | 田舎生活


<< バナナの花??? 手間 >>