蜂パート2

昨日夕方、なんと店主も蜂に刺されました。
戸を閉めようとしたところ、何故か床に蜂がいたらしく踏んでしまい、その拍子に足を刺されたそうです。
勿論すごく痛かったそうですが、私が言ったことを思い出し、塩と唾液を混ぜたものを患部に塗ったそうです。
そしたら嘘みたいに痛みが一気に和らいで平気になったと言ってました。

ほんの三十分前の出来事なのに、店主は普通な顔をして「ほら、まだ針入っているけど、全然平気」って見せてくれました。
そして、私が経験して対処法を教えてくれていたお陰、ありがとう、とのこと、感謝されちゃいました。
塩(と言ってもちゃんとした自然海塩がいいと思います)と唾液はホントに聞くんだなあ、って再び実感。

これだけ聞くと、ここは家の中に蜂がウヨウヨしているように聞こえますが、そんなことありませんからね。
店主が蜂に刺されたのも小学校以来、私だってここに越して来た時以来。
田舎とはいえども、こんなこと、滅多にあるもんじゃありませんから、御心配なく。
でもあり得ない事って起こるものなんですよね〜不思議と。

でも、知っていても、実際にやったり、経験してみて始めて学ぶことってありますね。
だからこういうなかなか起こりえない偶然はとっても大事なんだと思いました。
  
                     家の日本蜜蜂
            意地悪しなければ攻撃してきませんからご安心を(^^)
a0096529_793933.jpg

[PR]
by teuchisobaya | 2007-09-27 07:19 | 田舎生活


<< 手間 収穫 >>