お米とイノシシ

一気に涼しくなって、早朝寒いので毛布出しました。
先週数日留守にしている間、イノシシが我が家と田んぼで盛大にパーティーをしたらしく、すごいことになっております。
スイカも無くなり、オクラもなぎ倒され、田んぼはワイヤーメッシュなんて関係ないぜーーってな感じで暴れ放題!!!
田んぼはあまりに悲惨な状態なので、写真とってません(涙)

イノシシたちが電気柵を越えてでも田んぼに入りたい理由を教えて頂きたい、と本気で思う毎日。
収穫を目の前にして、時間をかけて手植えして、草刈りして、草取りして、育ててきたお米がなぎ倒されている姿を見るのは、心がメチャ痛い。
落ち込み、どーーしたものかと悩む。
これは、どんな試練なのか、何を試されているのか、ふたりで考えまくる。

ちょうど、先日のZentraYogaのイベントで師匠のMario先生が、自我を捨てる、と言うお話をされた。
「わたし、わたしのもの、わたしの〜」「私」がついたとたんに、所有欲が出て、惜しくなる失いたくないと思う、エゴが芽生える。
わたしのモノ、わたしの土地、わたしの国、私の島、わたしの考え、わたしの意見、、、、
わたしの、と思った瞬間に手に入れたくなる、取られたくなくないと思う、相手に認めさせたくなる、手に入らないと、受け入れられないと、苛立ち、嫌悪し、衝突し、喧嘩、となる。
逆に、「わたし」が、少なくなればなるほどに、平和な気持ちが増してくる。

私の田んぼ私のお米、私の私の、、、、そう思った途端に、今の田んぼの状況が急に悲しくなる。
普段、生きとし生けるものが幸せでありますように、と祈っているハズなのに、いざ育てたお米が食べらちゃうと腹が立つ!「わたしたち」が育てたお米が食べられたからだ。
イノシシから考えれば、彼らも生きるの為に、そこにあるお米を食べにきているだけなんだろうし、
特に今年は木の実があまり落ちていないから食べに来てるみたいだし、、、
イノシシがまた入った!!!って日々心配し、腹立たしく思っていると、とても体に心に悪い、とてもネガティブな波動になる。
もちろん、お米は収穫したい、でも心配はイヤ。
イヤなものをどうするか、
一般社会の考え方を実行するとすれば、それは「排除」という行動。
排除とは駆除、駆除とは殺すこと、、、邪魔だから?
そのやり方はしたくない、わたしたちには出来ない、だから、
その為に、「わたし」を、手放す。
今年は出来たお米だけで満足することにしよう、とどちらともなく言い、お互いにそう思っていたようで、すぐに納得。
そしたら、不思議なもので急に気持ちが楽になったのです。
日々の生活のなかで、わたし、わたしを少しずつ、減らしていきたい。
とても難しことけれど、小さなことから、わたしを手放す練習をしていこう。
a0096529_2119144.jpg

そんなこんなで色々ありますが、これから、いよいよ清々しい気持ちよい季節に突入!
青空キッチン♪
油で汚れないから主婦大助かりです♪
a0096529_21363410.jpg

外で過ごすと虫の音が、空気が本当に心地良いですね。
a0096529_2138720.jpg

夕焼けもきれいだし♪
a0096529_2140247.jpg

相変わらず微妙な距離感のふたり。
a0096529_21424143.jpg

動物病院にいって体重測定したら、なんと8.7キロになっていたたるさん(@@)
山散歩でどんどんマチョになって来てるンですよ〜(笑)
a0096529_21432780.jpg

[PR]
by teuchisobaya | 2012-09-26 22:28 | 田舎生活


<< 背高泡立草♪ 侵入者! >>