変化

菜食になってどのくらい?とよく質問されるのですが、
10年弱?くらい。
菜食になってから、いろいろなことが目まぐるしく変わりました。
争いが減り、不満が減り、不安が減っていきました。
菜食になってから出会うひと、もの、こと、出会う本、
さまざまなことから多くのことを学んで助けられました。
偶然の一致や気づきが頻繁に起こるようになり、
自己啓発本やスピリチュアルな本、不思議で素敵な人たちとの出会いがとても多くなりました。

むかーし、辛かった時期、『ありがとう』を念仏のように唱えていたこともありました。
正観さんの『そ・わ・かの法則』=『掃除・笑い・感謝』はどんな時も忘れないようにしています。
いつのまにやら、外側ばかりに向いていた心がだんだん、内側へと向き始めるようになりました。
私が辛いのは、不愉快なのはすべて相手が悪い周りが悪い、、
あの人が変われば、環境が変われば、といつも外の世界のせいにして、
相手を変えようとしていたけれど、それはとても大変なことだと気付くことが出来ました。
嫌なら自分が変ればいいんだ、と言う単純なことに気がついたら、とても楽になれました。

菜食になったあと、ヴィパッサナー瞑想法にも巡り合うことができました。
瞑想をすることで、無常を体感し常に平静な心でいることの大切さを学びました。
毎日瞑想することで、思考のお喋りを少しずつ停止させる時間が増えてきました。
ヨガとも出会い、「意識、今ここに」、常に今この瞬間を生きることの大切さを再認識しています。
菜食も瞑想もヨガも自然農も、どれもこれも最終的には『宇宙の秩序』に従って生きることの大切さに辿り着くのでした。

食を見直すことがきっかけとなり、自然環境の尊さを知り、
自分たちが毎日使い、地球に『排出』している洗剤、石鹸、添加物、薬、シャンプー、排便、尿、息、波動、排気ガス、、、
自分が出しているものに、出来る限り責任を持つことの重要性を感じるようになりました。
良いことも、ちょっと辛いことも、どんな出来事も出会いも、意味のないことは何一つ無く、
すべては繋がっている、ワンネスだと言うことを体感し実感できるようになれたことに深く感謝しています。
[PR]
by teuchisobaya | 2012-01-01 22:57 | Mariposa


<< 初詣で。 2012(^^) >>