ぎっくり?!

外に出て植物を見ると、やっぱり春だな~って思えるようになってきましたね。
a0096529_21452150.jpg

チューリップも咲いたし、
a0096529_21452512.jpg

ぺんぺん草やホトケノザやオオイヌノフグリが可愛く咲いています。
普通に撮ったら、ペンペン草の周りがキラキラと輝いてました♡
a0096529_2142411.jpg

なーんて、外に出るのは数日ぶりでして、
実はまた腰がギクッてなり、しばらく家の中にいました(^^;)
今回は、動けなくなってしまい、自分でもびっくり(@@)
立つ座る、寝ることもままならず、寝返りなんてもってのほか。
靴下を履きたくてもはけず、何をするにも痛い過ぎで動けない。
数分立ってると、もーずきずきと痛み出すし、タイマーが鳴っているウルトラマン状態。

こうなるまえに、警告のサイン、
食事中に口内を噛む、口内炎が出来る、腰が重いなどなど、『過食』への警告サインがあったのですけれどね〜。
まだまだ大丈夫、って軽く考えてたんですよね。
作るの&食べるの大好きなので、なかなか、体の声に耳を傾けることが出来ずにいました。
マクロビオティックの最大の難点は、健康になり過ぎて胃腸系がメッチャ丈夫になり、大食になりやすいところかな。
普段から風邪も引かないし、滅多に病気にならない健康体だから、食べ過ぎても大丈夫って過信がありました。
今回の激痛の場所も、昨年末とまったく同じ場所。
更に酷く全く動けなくなってしまったのですから、前回のお便りと痛みから学ばなかった結果、大反省です。

今回も完全に断食、里芋パスタをして血流が悪くなった場所への新しい良い血液を送るように心がけ、
とにかくじっとしておりました。
今回は、あまりに痛くて、寝たくても寝れないので、この『痛み』ってナンだローって観察もしっかりとしてみました。
こんな時こそ、平静な心でただ観察する練習。
痛みを嫌悪しないで、ただ観察する、
とにかく痛みはずっとそこにあるので、観察しやすいしね。
そうやって見つめていると、『痛い』も感覚の一つなんだなーって思えるようになってきます。
以前のように、嫌だ嫌だ、も〜嫌だ〜ってな感じでキレないでいられると、普通に動けるって何て幸せなこと、
健康のありがたさを痛感し改めて自由に動いていてくれた体に感謝感謝となるのでした。
勿論、動きを間違えると激痛!、電気が走るような激痛が走るので、その度に雄叫びはあげていましたけれどね(笑)

たまたま腰が痛くなる少し前に読み終えていた、静岡のヨガ教室マリオ先生お勧めの本『免疫革命/安保徹』(講談社)。
そこにも「結局痛みというのは、筋肉や関節組織を修復するために起こっている反応なので、
ほんとうは積極的に進めてやるべきことであり止めることではないのです、、、、
腰痛も膝痛も、痛んでいる場所が血流をもっと欲している状態なんですから、治療としては、
どんどん血行をよくすることが必要です」と書いてあったことを思い出しました。
ねっ、痛いというのは、治癒反応であって、喜ばしいことなのです!
私的には、この本にはたくさんの私の疑問に対する医学的な応えがありまして、とても素敵な出会いの一冊。
本との出会いもやっぱりタイミング。
マリオ先生にも大感謝。
あれだけ動けなかったのに、断食して、里芋パスタして、嫌悪しないで、感謝して過ごす、
ただそれだけで、これもまた信じられないような早さで、回復、動けるようになったのですから、
怪物並の回復力!?(笑)
日々の生活の中で、いろいろな出来事が起きると、今まで学んできたことを実践する場が与えられて、
実践してみると経験となり智慧となっていく、
そんな機会をたくさん与えて貰えることがありがたい、
毎日感謝して生きていけること、少しでもそう思えるように思えるような出会いや導きがありがたい。
そして動けない間、お仕事と家事を快く引き受けてくれた旦那様にも心から感謝です。
a0096529_21415935.jpg

きょうのマーリーちゃん。
どこでも、ベットメーキング♪
a0096529_2142425.jpg

[PR]
by teuchisobaya | 2012-03-21 22:32 | 穀物菜食


<< 美味しい春♪ お米 >>