放射線への対策

毎日、いろいろな方々から、メールや情報を頂いています。
ありがたいです。
誰もが、今自分が出来ることを模索し、少しでも誰かの役にたてば、と願い行動している強い思いを感じる毎日です。

穀物菜食料理教室一慧のクッキングを主催している宇宙法則研究会事務局長 磯貝氏の情報です。
マクロビオティックの考えに基づいていますが、必要だと思われる方は参考にして下さい。

************************************
多くの方々から放射能への対策を聞かれましたので、皆様へ一斉にメールさせていただきます。

まずは少飲少食にして細胞の代謝活動を小さくすることが大事です。
その上で細胞壁をしっかり強くする皮付き玄米と皮付き根菜類を摂ってください。
皮付きの玄米と根菜はからだの毒素を排出する力も強い。

豆みそと麦みそも細胞壁をしっかり作ってくれます。

報道でも流れているようにヨウ素をしっかり取り込むことも大事です。
福島原発に近い所ではヨウ化カリウムを摂取しているようですが、副作用の心配があるので摂らない方がいいとおもいます。
海藻は天然のヨウ素が豊富でその他のミネラルも豊富です。
さらに海藻には繊維が豊富ですので排毒を促します。
海藻はしっかり煮しめて摂ることが重要です。

さらに手当として、
コーレンと昆布の黒焼き(または梅干しの黒焼き)を半々の割合で葛湯やくず練りに溶いて服用することをおすすめします。
コーレンと昆布の黒焼き、梅干しの黒焼きが手に入らなければ、上記の食生活を心がけたらいいだろうとおもいます。
ただ黒焼き自体は昆布や梅干しをゆっくり焦がして乳鉢かすり鉢で粉末にすればいいのでそう難しくなく作れます。

それとパニック状態の時は吸う息が優位になりがちですから、息をゆっくり吐くことを心がけてください。
「吐いて吐いて吐いて、吸う」このリズムが大事です。
また、風呂に入れない状況が来る可能性もあります。
足首、手首、首は十分温かくするよう気をつけてください。


人ははだかで産まれ、はだかで死んでいきます。
何も持っては逝けません。
無一物が生命の理です。
しかしまた命は決して絶えることはありません。
どんな世になっても命はまた続いていきます。
無一物であるが故に無尽蔵でもあるのが生命の実相です。

大変な時代を生きることになりました。
命ある限り精一杯生きていたいとおもいます。
震災地、震災に遭われた方への支援方法などの情報交換をしていけたらありがたいです。

宇宙法則研究会
事務局長 磯貝昌寛

************************************

ホント、呼吸大事ですね。
大変なときこそ、忘れがちな呼吸に意識を向けることで、うちなる自分と繋がれます。

今日は停電しませんでした。
明日も計画はあるみたいです。
停電してもしなくても節電ですね。
節電した電気が少しでも被災地の方々のお役に立てれば幸いです。

サゴさんもマーリーさんも元気ですよ。
暖かい日は外で日向ぼっこ。
a0096529_21112011.jpg

一人で寝てると、世話女房がすぐにやってきます。
a0096529_21112345.jpg

家に入っても、世話やいています。
a0096529_21112376.jpg

ねっ(^^)
ずっと、グルーミングされてます。
サゴさん愛されてるね♡
a0096529_21112118.jpg

[PR]
by teuchisobaya | 2011-03-14 21:21 | その他


<< 愛の国 祈り >>