祈り

今広報で、明日からの計画停電のお知らせがありました。
ここ南伊豆は静岡県ですが、東京電力の管轄。
南伊豆は第五グループ、15時20分から19時の間の三時間だそうです。
電気が止まると、お水が出なくなるからタンクに水を用意しておかないとね。
料理はガスなので、大丈夫。
ロウソクも懐中電灯も用意してあるし。
被災地にいる方々にくらべれば、たった三時間くらい、それも準備させてもらえるのですから問題ないです。
今まで当たり前の暮らしを、もう一度見直すチャンスですね。

今日は先ほど届いた、引き寄せの法則のセミナーなど主宰している
ワークショッププラネット
からのニュースレターの一部を転載させてもらいます。

******************
ヒーラーからのお見舞いをお伝えします。
「一人ではありません。
希望を持って下さい。
自分を抱きしめて、そして、
隣の人を抱きしめて、
そして隣の人に抱きしめてもらって下さい」

皆さんもいろいろ不安に感じていることもある思います。
同時に、私達は一人一人がこの状況から思い出せること、
できることに、目を向けていくこともできます。

世界でも日本に向けて多くの愛と支援、
ネット上でもポジティブなメッセージが広がっています。
多くの人がつながっているのだと感じます。

「一人ひとりがまず、
自分の内なる穏やかさと 繋がっていること。
深呼吸をして、リラックスをして、感謝のできることを見つけて、
感謝すること。
そして、一人ひとりが具体的に自分のできることをやっていくこと。
節電、寄付、献血。
自分のハートから慈愛のエネルギーを被災地に向けて、
人々が癒されるように祈ること。」
(ホワイトクロウさんより)

そして「何もできていない」と思ってしまう方。
自分を責めず、穏やかでいることも大切です。

生かされていることへの感謝を感じ、
穏やかな気持ちでいることが、
他の方への体験へ集合意識ではつながるのです。

今、被災地から離れている私達でもできそうなこと

■深く呼吸、内なる平和を。
あたり前に思っていたことへの感謝へ、意識を向ける

■被災地への光と癒しの祈りを送る
・祈りにはパワーがあります
今も救援を待つ人、悲しみの中にある人の為に
どうか祈って下さい。

■具体的にできることをする
・節電
(これは今誰もがすぐできますね)
・寄付・募金
(各サイト内で立ち上がってます)
・適切な情報提供

私達ひとりひとりが
愛であることを体験できますように

<pray for japan>世界から届いた日本への祈り
[PR]
by teuchisobaya | 2011-03-13 21:59 | その他


<< 放射線への対策 被災時に必要だと思われる救援... >>