タイルの補修作業(^0^)

こんなにたくさんの荷物を積み込んで、どこに行くんですか〜?
実は、二人で、知人宅のタイル張りのお手伝い!
大、中、小のコテ、練りゴテ、ゴムゴテ、スポンジ、塵箒、塵取り、バケツ、
スポンジ、グラインダー、延長コード、目地材、ウエス、、、
ハーフビルドをしたお陰で、気がつけば、様々な道具たちがそろってます(笑)
ありがたい(^^)
(サゴとマーリーも乗ってるよー!)
a0096529_2019132.jpg

ってことで、今日はタイルの張り方『ハウツー』ブログネ(笑)
お風呂の床タイルの補修です。
一見くっついているように見えるタイルも、かなり劣化していて、簡単に剥がれてしまいます。
まずは剥がれるタイルを剥がす作業から開始。
a0096529_20175720.jpg

タイルを剥がすと、床に昔の接着剤が固まったまま残っています。
これをチゼル又はクサビとハンマーを使ってある程度取り除いていきます。
これ、結構重労働でした(笑)
a0096529_20175692.jpg

その後、ゴミを丁寧に取り除き、シーラーを塗ります。
乾いたら、水で練ったタイル用の接着材をギザギザのコテを使って床に塗り広げます。
その後、張るタイル側にも、接着剤を塗り、通りを合わせながら並べていきます。
お手伝いしてくれているのは、この建物の管理をしている、Mちゃん。
人生初のタイルはリに挑戦中ー!
a0096529_219278.jpg

タイルを張り終わり、接着剤が乾けば、目地を入れます。
しかし、毎日気温が低く、なかなか目地が乾かないという、予想外の展開!
急きょ、扇風機を貸してもらい、この寒ーい中、扇風機で乾かしながら、作業しました(>0<)
目地を入れる前に、目地を入れるところの回り全てに、マスキングテープをします。
a0096529_20175098.jpg

そして、目地剤を水で練って、ゴムゴテを使ってしっかりと目地に詰め込んでいきます。
目地の入れ方もコツが解かれば、簡単簡単ーのハズたったのですが、
途中でどこからともなく『水』が少しずつしみ出てきて、目地に水が入り込むというトラブル。
急いで乾いたタオルで水を吸い取り、水が入ってこないようにして何とか作業続行!
a0096529_20175350.jpg

目地がある程度乾いたら、タイル専用のスポンジを水に浸し、タイルの上残っている余分な目地をふき取ります。
この時、目地を取り過ぎてしまわないようにそーっと優しく気を使います。
真剣過ぎて、この作業は、写真撮り忘れました(笑)

タイル張りをしている途中、お風呂の淵のタイルもガタガタと外れてしまうことを店主が発見!
急きょ、剥がして、
a0096529_20174978.jpg

汚れとゴミと接着剤を取り除いて、
a0096529_20174819.jpg

床タイルと同じように、接着剤で止めて、マスキングして、今回は床や浴槽を汚さない為に、
養生シートもはって、目地仕上げ。
a0096529_20174538.jpg

気温の低さや、水漏れ、修理箇所の大幅増加、などなど、予想外の出来事もあり、
予定よりも日数がかかりましたが、何とか終了ー(^0^)
完全に乾いたら、もう一度キレイにふき取れば完璧かな〜!
タイルは古いタイルも再利用しているので、二色仕上げっぽくなりました。
今回は、タイルカットはグラインダーで店主が担当(^^)
Mちゃん、店主、お掃除もありがとう、お風呂が喜んでるねー♡

Before →After

a0096529_20175994.jpga0096529_20175215.jpg


























キレイになったお風呂から見る、景色♪
いいね〜♡
a0096529_20173679.jpg

このお風呂はとてもスペシャルなお風呂。
そんな素晴らしい場所の補修をさせてもらえたことが、今回我々にとって最大の喜びです。
そして、この補修を我々に任せて下さった、オーナー夫妻と、そのきっかけをくれたMちゃんに心から感謝〜♪
協力してくれた、お風呂にもタイルにも、全ての道具と、ずっとお留守番してくれた、サゴ&マーリーにも感謝感謝です(^^)
[PR]
by teuchisobaya | 2011-01-29 21:38 | モノづくり


<< 距離(^^) 貴婦人(^^) >>