さくら

旦那さんの実家のバーニーズマウンテンドッグのさくらちゃんが旅立ちました。
まだ5歳という若さでした。
急に体調が悪くなり、あっという間の出来事でした。
a0096529_21494030.jpg

a0096529_2241999.jpg

お父さんとお母さんが大大大好きで、いつでもそばにべったりのワンコでした。
私達が遊びに行くと、プーにも旦那にも、絶対にその大切な居場所を取られまいと、いつも必死だったことを思い出します。
とても大きな体なのに、その体全部ですり寄ってくる甘えん坊さんでした。
a0096529_2150592.jpg

a0096529_22485814.jpg

ホントに賢く可愛く看板娘だったさくら。
お買い物カゴを下げて、近くの八百屋さんまで一人でお買い物にも行っていました。
a0096529_21495387.jpg

亡くなる前日には、あまり動けなかったのに三階から下まで自分で降りて来たり、ベランダの隅など今まで行かなかったところも見てまわっていたそうです。
そして、お父さんとお母さんのお休みの前日に静かに息をひきとりました。
毎週のお休みの日も、さくらはちゃんと知っていました。
お父さんお母さんが大好きだったさくらのことだから、そんな気遣いをしたのかもしれません。

たくさんの人々に愛されて、短い犬生を終えました。
でも、さくらの思い出は出会った人々やワンコの記憶の中に深く深く刻まれています。
天国で、プーのお母さん、ボス爺ちゃん、みんなで一緒にゆっくりしてね。

ワンコは家族にとってかけがえのない存在です。
そんな家族を失うことは、心にぽっかり穴があいてしまいます。
今はただただ、時間だけがその空間を小さなものにしてくれる方法だと思います。
この写真はさくらが遊びに来た時の写真。
さくらとプーとサゴの手。
一番大きいのがさくらの手。
大好きな写真です。
ワンコは人よりもずっとずっと短い命だから、だからこそ、一緒にいる時を大事にしてあげたい。
さくら、たくさんの思い出をありがとう。
これからはお空からお父さんお母さん、みんなのことをずっとずっと見守っていてね。
a0096529_21484684.jpg

[PR]
by teuchisobaya | 2010-08-07 22:15 | ワン子


<< やられた〜(><) 看板(^^) >>