ジョイ君    

先日アニプロさんより転送させてもらい掲載したドーベルマンのジョイ君が天国に旅立ちました。
友人からジョイ君が逝ってしまったことを聞き、アニプロさんが書いた記事を読みました。
アニプロさんと同じく、「ペットなんかいらない、ペットを飼うのは人間のエゴ」、だと私も思います。

でも私も犬を飼っています。
時には頭にきたり、がっかりすることもあります。
でも、頭にきてもがっかりしても、前進しないし、楽しくなくなってしまいます。

プーさんがごみ箱を全部ひっくり返しちゃったり、今日もサゴちゃんがカーペットの上でゲロしちゃったり。
毎日、予想外の出来事がたくさん。
マーリーのトイレの成功率は半分、うんちも片づけないと食べちゃうし、プーさんは夜中にトイレに行きたくて起こしに来ます。
でもそう言うこともぜ〜んぶひっくるめて、一緒に暮らしているわけで。
もしそれが嫌だと感じるならば、犬を飼わなければいいだけの話。

私が犬達と暮していてどうしたらいいのか分からなくなると、「もし私がそのこだったら」と考えます。
もしマーリーだったら、もしサゴさったら、プーだったら、ジョイ君だったら。
して欲しいこと、して欲しくないこと、それって人間と同じなんですよね。
怒られるのも嫌だし、ましてや叩かれるのなんて耐えられない、御飯も食べたいし、キレイにして欲しいし、温かくてフワフワしているところで寝たい。
一日中首輪で繋がれているなんて、考えられない。
自分だったらと考えたら、自由に家の中でゴロゴロしているほうが絶対良いに決まっている。
ジョイ君やマーリーがされた行為と言うものは、犬の感情をも殺してしまう程の行為だと。
子供を産ますだけ産ます、御飯をあげない、ケージに入れっぱなし、どれもこれも全て人間の行いです。

ジョイ君が最後にアニプロさんのおうちで、優しい家族と仲間に囲まれて安心して旅立ったことが救いです。
こんな悲しいことが起きないために、どうしたらいいのか。
とにかく飼い始めたら、最後まで、何があろうとも絶対に最後まで『大切』に愛情かけて一緒に暮す。
それだけを一人一人がするだけで、世の中は確実に変わっていきます。
ジョイ君のような苦しい思いをする動物がいなくなります。

プーさんも年をとってきています。
暗いところではほとんど見えくなってしまったようです。
ちょっとした段差でも転んでしまいます。
犬は人間の数倍の早さで年をとります。
だからこそ、犬の一日は人間の何倍、何十倍も大切だと思うから、一緒にいる時間を大切にしてあげたいと思うのです。
a0096529_2210521.jpg

[PR]
by teuchisobaya | 2010-03-23 22:25 | ワン子


<< 田んぼ作り(^^) 山桜(^^) >>